大相撲

コロナ冬場所が続く大相撲

2021/7/29  

8月1日から九月場所の先行予約が始まる。 一般発売は予定と異なり、8月14日からで ある。ここへきて東京は非常事態宣言中にも 関わらず、ついに3000人超えの感染者数が 発表された。むろん過去最多であ ...

連続写真で見る千秋楽全勝決戦

2021/7/28  

七月場所は予想をこえて休場明け白鵬と横綱 を目指す照ノ富士が千秋楽14勝同士で激突 した。横綱と大関による全勝決戦は大正15年 の優勝制度以前を含め、3度目である。過去 2度はいずれも大関が横綱を倒し ...

再び一代年寄問題

2021/7/27  

七月場所後、古い友人と会う機会があった。 改めて話し合ったのは、一代年寄問題である。 ご存知のように今年(2021年)の4月、大相 撲の継承発展を考える有識者会議が協会に 提言書を提出した。そのメイン ...

横綱白鵬の休場明け場所

2021/7/26  

七月場所、白鵬は6場所連続休場明けで、 まさかの全勝優勝を達成した。ひざのリハ リビが思わしくない、36歳と高齢などよく ない条件のなかで誰もが予見できなかった 結末である。白鵬がすごかったというより ...

北青鵬7番勝負

2021/7/25  

北青鵬(ほくせいほう)モンゴル生まれの 札幌育ち。日本に10年以上在住しているため、 部屋に1人の外国人枠の申し合わせに抵触 することはなかった。宮城野部屋。2メー トル超えの身長。 北青鵬 七月場所 ...

2人の横綱を育てた名伯楽 下

2021/7/24  

元玉ノ海の二所ノ関のとき、分家独立が奨励 された。戦後、元大ノ海の芝田山のち花籠は その方針のもとに独立した。栃錦とともに 時代を築いた若乃花をスパルタで名横綱に 育てた。横綱昇進は昭和33年一月場所 ...

4場所経過した2021年年間最多勝レース

2021/7/23  

七月場所が終了したことで、今年(2021年) の本場所は残り2場所となった。年間最多勝 レースはどのように展開しているのか。4場 所までの途中経過をまとめてみた。それが 次の表である。なお、対象は4場 ...

2人の横綱を育てた名伯楽 上

2021/7/22  

照ノ富士が横綱に昇進したことで、師匠の 伊勢ヶ濱(元旭富士)は2人の横綱を育てた ことになる。最初の横綱はいうまでもなく 日馬富士である。日馬富士は小さいころから 面倒を見てきた直弟子である。 <優勝 ...

横綱照ノ富士論

2021/7/21  

横綱照ノ富士が誕生した。つい最近大関に 復帰したばかりだったが、あっという間に 横綱を手中にした。大関復帰わずか2場所で 通過した。こんな事例は2度と出ることでは ない。名古屋で横綱を決定的にした場合 ...

2021年九月場所私製番付

2021/7/20  

まず、最初にこれは予想番付でないことを断っ ておきたい。幕内は横綱・大関と対戦する クラスとそうでないクラスで構成されている。 つまり幕内は一枚岩ではない。番付は基本 関脇以下を編成する。そこで関脇以 ...

2021年七月場所総評

2021/7/19  

★誰もが予想できなかった千秋楽の全勝決戦 で45回目の優勝を達成した白鵬に関して 白鵬は1年間休場続き。15日間は戦えない。 ひざの回復状態が思わしくない。36歳。と 場所中引退する可能性は大きかった ...

■名古屋千秋楽 全勝決戦を斬る

2021/7/18  

白鵬か照ノ富士か。七月場所千秋楽は両雄の 全勝決戦で迎えた。仕切りを繰り返すたびに お客さんの興奮がたかまる。何人もの相撲 好きのカメラマンのレンズがこの一番を逃す まいとずらり立ち並んでいた。館内の ...

■名古屋14日目 白鵬対照ノ富士ついに千秋楽全勝で激突

2021/7/17  

14日目の取組、それはすべて結び前の一番 及び結びの一番に向かう前哨戦に思えるくら い照ノ富士の一番と白鵬の一番にスポットが あたっている。むろんそこまでの一番一番は それぞれの戦いがあるわけだが、フ ...

■名古屋13日目 照ノ富士横綱へ前進

2021/7/16  

幕下優勝をかけた石崎対北青鵬の一番は熱い 力のこもった戦いとなった。勝負はわずかの 差で北青鵬が制した。番付がかなり上だけに 順当な優勝となった。北青鵬は来場所十両に 番付をあげてくる。 幕内優勝は2 ...

■名古屋12日目 2強予想を超えた12連勝

2021/7/15  

大相撲はドラマだ。土俵は人生の縮図。横綱 目指す照ノ富士と休場明けでどこまで取れる か不安視された白鵬。ともに前日まで11連 勝と無敗の快進撃。予想をはるかに超えた 両雄、12日目はどう戦ったのか。 ...

■名古屋11日目 横綱・大関をめぐる三番

2021/7/14  

幕下の優勝争いが熱い。幕下は石崎が6戦 全勝でコマを進めた。石崎は先場所三段目 付け出しでデビューして優勝している。日体 大相撲部出身。もう一人の6戦全勝が北青鵬 である。幕下2枚目だから十両昇進は濃 ...

■名古屋10日目 3つのサバイバル戦

2021/7/13  

10日目の前半は大味な相撲が目立った。夫婦 で観戦に来ていた夫からつまらん相撲が多い な、というぼやきが聞こえてきた。しかし、 上位戦になると緊張感が伝わる相撲になった。 上位で勝ち越すことは簡単では ...

■名古屋9日目 薄れつつある大相撲の面白さ

2021/7/12  

今場所は果たして面白いのか。あるいはこれ から面白くなるのか。のっけから問題提起を したくなるテーマである。平日に戻ると観客 席はガラガラである。ここにきて好取組が めっきり減った感じである。朝乃山の ...

■名古屋8日目 2021年七月場所の行方

2021/7/11  

8日目の日曜白鵬、照ノ富士ともに好取組は なかった。白鵬の対戦相手は上位初挑戦の 琴恵光。どう見ても白鵬を脅かす要素はない。 相撲は白鵬が終始圧倒した。引退危機説を よそに予想外のストレートで勝ち越し ...

■名古屋7日目 珍妙な一番となった白鵬対翔猿戦

2021/7/10  

平日はガラガラだった客席は、土曜という こともあってお客さんが帰ってきた。早い 人は12時前から並んでいた。長蛇の列に 13時を待たずに開場となった。 結びの一番、白鵬対翔猿戦は珍妙な相撲と なった。 ...

■名古屋6日目 極端過ぎる横綱・大関戦の取組

2021/7/9  

朝乃山が出場停止のため、横綱・大関との 対戦圏内は前頭4枚目の千代大龍までという ことは最初からわかっていた。その千代大龍 は7日目までに横綱・大関戦は一番もない。 4日目までに横綱・大関戦を終了した ...

■名古屋5日目 上位休場で好取組減少

2021/7/8  

先場所、優勝争いのキーマンとなった遠藤が 休場した。出場停止の朝乃山、途中休場の 貴景勝と3人になった。休場はしていないが、 大関正代が3敗となり、負けが先行した。 これでは好取組が組めなくなる。休場 ...

■名古屋4日目 白鵬薄氷相撲!照怒りの逆襲

2021/7/7  

今日の白鵬はいつもの白鵬ではなかった。 対戦相手の隆の勝は成績こそここまで3連敗 だが、これまで関脇4場所在位した実力者で ある。あなどることはできない。相撲は予想 外の展開となった。 <後ろをとらえ ...

■名古屋3日目 照ノ富士さえる一瞬のかいな捻り

2021/7/6  

先場所、隆の勝は照ノ富士に勝てなくなる、 と書いた。しかし、今場所の隆の勝はひと 味違った。照ノ富士と隆の勝の相撲は激し い攻防となった。かつ長い勝負になった。 動きが止まって頭四つになった。互いに ...

■名古屋2日目 連勝白鵬ぬぐえぬ不安

2021/7/5  

粘力相撲の遠藤は組むとうるさい。白鵬は 組まない戦法に出た。牽制気味の突きはなし 寄せ付けず、揺さぶりをかる。遠藤が体勢背 をくずしたときつかさず上手出し投げで決め た。問題はこれからである。15日間 ...

■名古屋初日 最大注目の白鵬 必死の1勝

2021/7/4  

よくも悪くも最大注目の的は白鵬である。 数々の休場を経て、土俵に帰ってきた。ひざ の包帯が痛々しく感じる。今の白鵬にプラスの 要素は見当たらない。リハリビ後の土俵、長期 休場による遠のく土俵感、36歳 ...

◆2021年7月 お知らせ 賢明な読者の皆様へ

2021/7/3  

土俵の目撃者をいつもご愛読いただき誠に ありがとうございます。足を使い、この目で 見た生の大相撲をお届けするために、七月 場所の初日から千秋楽まで愛知県体育館で 観戦します。 <七月場所案内> 新しい ...

2021年七月場所開始直前考

2021/7/2  

七月場所、白鵬が進退をかけて出場する。 三月場所は2日間だけ取って、勝ちながら 休場してしまった。初日の大栄翔戦は精一杯 の相撲だった。一気に出て行くが、自分も 傾いて土俵下へ倒れていった。土俵勘とと ...

2021年七月場所 横綱・大関に挑む11人のサムライ

2021/7/1  

七月場所が迫っている。白鵬が久々に土俵に 帰ってくる。そうかと思えば朝乃山は出場 停止である。横綱・大関と対戦するのは、 上位に休場が出なければ、前頭4枚目の千代 大龍までである。横綱・大関に挑むのは ...

若隆景・明生どちらが強くなる

2021/6/30  

新小結に若隆景と明生が東西にそろった。 本来なら一月場所の成績であがってもおかし くなかった。関脇・小結が全員勝ち越した ために空席がなく、わずかなアップで終わっ てしまった。ともにはつらつとした相撲 ...

時期尚早!貴景勝の横綱

2021/6/29  

五月場所千秋楽、大関貴景勝は11勝3敗で 2敗照ノ富士と激突した。本割で勝って優勝 決定戦にもちこんだものの、決定戦は及ばず 敗退した。これをもって貴景勝も成績しだい では横綱になるのでは、という見方 ...

横綱空白期と一人横綱

2021/6/28  

七月場所の焦点に照ノ富士の横綱昇進なるか がある。36歳白鵬は多くを望める状況では ない。白鵬が引退すれば横綱の空白期が始ま る。ここはつなぎで照ノ富士に踏み留まって ほしいのが実情である。照ノ富士は ...

優勝した場所の前と後の負け越し14

2021/6/27  

■武蔵丸 ・優勝した翌場所負け越し47・51・52例目 ・優勝した前場所負け越し37例目 武蔵丸は初優勝から2回目の優勝まで2年 以上かかった。また大関が長く、横綱や優勝 回数12回は想像できなかった ...

白鵬最終論

2021/6/26  

この1年、横綱白鵬のフル出場はついに1度 もなかった。成績は12勝4敗74休。目下6 場所連続休場中で全休は4場所に及んでいる。 これだけ休場したため、横綱のフル出場率= 横綱フル出場場所数÷横綱在位 ...

あいまいさを残したままの協会

2021/6/25  

日本相撲協会は2014年1月に公益財団法人に 移行した。そのとき年寄株の金銭授受や借株 は禁止された。しかし、現状は指導料、顧問 料で高額取引されているし、借株も存在する。 これでは規定はあってないよ ...

優勝した場所の前と後の負け越し13

2021/6/24  

■曙 ・優勝した翌場所負け越し42・48例目 曙は横綱の空白期に誕生した史上初の外国人 横綱である。若貴とは同期で出世は先行した。 優勝3回から7回までは曙が先だった。関脇 で初優勝して大関に昇進した ...

勢の土俵歴

2021/6/23  

七月場所を前に勢が引退した。今年(2021年) の一月場所、十両13枚目と下に1枚残しだけ の地位に追い込まれた。千秋楽を迎え、6勝 8敗で優勝争いトップの剣翔と対戦すること になった。勝てば十両残留 ...

一山本の出世街道

2021/6/22  

一山本が予想に反して入幕を決めた。十両 8枚目で10勝5敗での入幕だから、かなり ラッキーな昇進であった。一山本は相撲少年 であった。3人兄弟の末っ子だが、4つ違い の一番上の兄の影響で小学2年生から ...

2021年七月場所場番付の視点

2021/6/21  

七月場所の番付が発表された。東大関1に 先場所優勝した照ノ富士がすわった。同じ 12勝の貴景勝は西大関1となった。優勝決定 戦は番外として以前なら成績順の時期があっ た。それにならうと貴景勝-照ノ富士 ...

期待の技能力士は誰

2021/6/20  

三月場所、珍しく三賞は技能賞だけの複数 受賞となった。受賞した力士は若隆景と遠藤 である。遠藤は優勝を争った大関照ノ富士・ 貴景勝を倒しているから殊勲賞、あるいは 殊勲・技能のダブル受賞でもよかった。 ...

大相撲優勝・次点力士 令和初期編

2021/6/19  

令和も3年に入った。令和2年2月から新型 コロナウイルスに振り回され、ビジネス・ 生活に大きな支障が出て、憂鬱の日々がいま だに続いている。大相撲も例外ではない。 地方場所が名古屋で開催されるが、これ ...

優勝した場所の前と後の負け越し12

2021/6/18  

■霧島 ・優勝した翌場所負け越し40例目 筋肉質の体と甘いマスクで人気があったのが 霧島である。彼が大関に昇進したのは平成 2年三月場所後であった。すでに31歳であっ た。新大関で8勝、翌場所6勝2敗 ...

短命横綱考

2021/6/17  

七月場所の御免札が16日に名古屋城東門近く に設置された。いよいよ地方場所が開催され る雰囲気が高まってきた。一部分にせよ、 無観客という雰囲気は伝わってこない。照ノ 富士は愛知県体育館で綱取りに挑む ...

白鵬をめぐる2つの予想

2021/6/16  

6場所連続休場中だった白鵬が七月場所は 出場の意向である。6場所連続休場には全休 が4場所ある。年齢は36歳であることから 最後の場所になる、との見方が多い。15日間 戦える肉体づくりは容易ではない。 ...

竜電の幕内人生

2021/6/15  

5月27日の理事会で竜電の処分は3場所出場 停止となった。新型コロナウイルスの感染 対策ガイドラインに違反したことによるもの である。ただし、その内容が夫人以外の女性 と25回も逢瀬を繰り返すという、 ...

横綱の勝率・優勝率・出場率の総合番付 下

2021/6/14  

これまで横綱勝率・優勝率・出場率の総合点 から番付を見てきた。 東横綱 栃木山 西横綱 双葉山 東大関 玉の海 西大関 朝青龍 東関脇 大鵬 西関脇 白鵬 東小結 千代の富士 西小結 太刀山 彼らに続 ...

優勝した場所の前と後の負け越し11

2021/6/13  

■千代の富士 ・優勝した翌場所負け越し36・37・38・39例目 ・優勝した前場所負け越し25・27・29・31例目 ・優勝した前場所翌場所負け越し9例目 優勝31回を誇る千代の富士だが、そのうち 9 ...

朝乃山試練の再出発

2021/6/12  

コロナ禍の外出禁止期間中、何度もキャバ クラ通いしていた朝乃山の処分が11日の臨時 理事会で決定した。虚偽報告をしていたこと、 そのための口裏合わせがおこなわれたこと、 大関という責任ある立場から1年 ...

7年前の明日のホープ

2021/6/11  

今から約7年前、2014年4月に明日のホープ をあげている。まず、豪栄道・栃煌山・阿覧・ 魁聖・碧山・土佐豊・栃ノ若・常幸龍は期待 していたが、頭打ちとしている。2014年三月 場所の番付では豪栄道と ...

横綱の勝率・優勝率・出場率の総合番付 中

2021/6/10  

引き続き横綱時代の勝率、優勝率、出場率を 合計した総合点から横綱をみていこう。 5位は大鵬である。6場所時代の申し子で あった。これまで優勝回数は双葉山の12回で あったが、大鵬が抜くのは時間の問題で ...

優勝した場所の前と後の負け越し10

2021/6/9  

■魁傑 ・優勝した前場所負け越し22・24例目 魁傑の優勝は2回あるが、ともに前場所負け 越している。最初の優勝は昭和49年十一月 場所、小結魁傑は横綱北の湖と優勝決定戦で 激突。突っ張りで圧倒して初 ...

横綱の勝率・優勝率・出場率の総合番付 上

2021/6/8  

横綱の勝率、優勝率、出場率を合計した総合 番付を作成してみた。あくまで横綱時代の 実績をもとにした数字である。対象は実質 横綱が地位化した常陸山以降の東京横綱と した。大阪横綱の宮城山は東西合併以降の ...

宇良の復帰街道

2021/6/7  

2021年五月場所、十両2枚目12勝3敗で優勝 した宇良の再入幕は決定的である。宇良の 幕内は2017年十一月場所以来である。宇良は 入門前から反り技やバク転でその身体能力が 注目されてきた。序ノ口か ...

優勝した場所の前と後の負け越し9

2021/6/6  

■若浪 ・優勝した翌場所負け越し30例目 昭和43年三月場所、千秋楽を迎えて2敗は 大関豊山、小結麒麟児(のちの大麒麟)、 前頭8枚目若浪であった。14日目は豊山と 麒麟児が直接対戦して麒麟児が勝って ...

テレビ中継様々

2021/6/5  

大相撲の取組はテレビ放送をしているNHK を通して観戦できる。相撲ファンはテレビを 通してご覧になる方のほうが圧倒的に多い のは当然である。五月場所は総合テレビ放送 開始(=BS放送終了)が急遽変更に ...

炎鵬の苦闘

2021/6/4  

炎鵬の苦闘が続いている。ここ1年間の成績 は幕内3場所十両3場所で28勝47敗15休で ある。勝ち越しは十両1場所だけである。 15休は部屋で新型コロナウイルス陽性力士が 出たため、濃厚接触者として休 ...

優勝した場所の前と後の負け越し8

2021/6/3  

約1カ月ぶりの再開です。引き続きご愛読 よろしくお願い致します。 ■大鵬 ・優勝した前場所負け越し13・15・16・17・ 19・20例目 ・優勝した翌場所負け越し26・28・32例目 優勝32回を誇 ...

少な過ぎる新入幕力士数

2021/6/2  

五月場所は三月場所に続いて新入幕力士は 0であった。五月場所の十両番付は7枚目 までは、3枚目の白鷹山を除いて元幕内だら けであった。十両28人のうち17人が元幕内で ある。元幕内の十両占有率は約61 ...

消滅する部屋、継承される部屋 下

2021/6/1  

引き続き来年(2022年)に師匠が定年を迎え る部屋をみていこう。二所ノ関(元若嶋津) 部屋は二子山(元初代若乃花)部屋から独立 した。最初は松ヶ根部屋であった。定年が 迫った荒磯(元二子岳)部屋の3 ...

消滅する部屋、継承される部屋  上

2021/5/31  

元十両の華王錦の断髪式が旧東関部屋でおこ なわれた。元高見盛の東関と元高見山がはさ みをいれた。新旧の師匠が顔を合わせた。 東関部屋は元高見山が高砂(元横綱朝潮) 部屋から独立しておこした部屋であった ...

2021年七月場所チケット事情

2021/5/30  

七月場所のチケットは5月22日に一般発売 された。その前に選考予約があった。最初の 緊急事態宣言で発売日は未定とされた時期が あったが、結局は予定通りとなった。サイト のみの発売である。チケットぴあと ...

幕下の連続優勝

2021/5/29  

五月場所、阿炎が連続幕下優勝を達成した。 三月場所に続き、連続幕下優勝となった。 もともとケガで落ちたわけではなく、ペナル ティによるものだからレベルが違った。実際、 14番の相撲は危なげなく、阿炎が ...

元稀勢の里の荒磯部屋の位置付け

2021/5/28  

元稀勢の里の荒磯親方が田子ノ浦(元隆の鶴) 部屋から独立することになった。部屋は出身 地である牛久に隣接する茨城県の阿見町に 建設予定である。2019年一月場所で引退した ときは秋葉原と浅草橋の間あた ...

照ノ富士の優勝回数を予想する

2021/5/27  

「照ノ富士はこの1年間で3回優勝している んだよ」師匠であり、審判長である元旭富士 の伊勢ヶ濱は口にした。照ノ富士は幕内に 復帰した昨年七月場所から今年(2021年)の 五月場所までの1年間確かに3回 ...

照ノ富士の横綱昇進を考察する

2021/5/26  

五月場所、照ノ富士が関脇・大関で連続優勝 を達成したことで、七月場所は横綱昇進を かけることになった。こうした例は大正15年 優勝制度が設けられてから双葉山しかいない。 双葉山は次の場所も優勝して横綱 ...

3場所経過した2021年年間最多勝レース

2021/5/25  

五月場所が終了したことで、今年(2021年) の本場所は半分消化したことになる。年間 最多勝レースはどのように展開しているのか。 3場所までの途中経過をまとめてみた。それ が次の表である。なお、対象は ...

2021年五月場所総評&七月場所私製番付

2021/5/24  

★場所中に明るみに出た朝乃山・竜電の 問題について 朝乃山は外出禁止期間中にキャバクラ通い。 しかも虚偽の報告をしていた。処分は阿炎 3場所出場停止を上回るとみられている。 地位だけでなく、協会の看板 ...

■夏千秋楽 最終盤にスキをみせた照ノ富士が連続優勝

2021/5/23  

にわかにもつれた優勝戦線は千秋楽、決着の ときを迎えた。結び前の一番優勝戦線第一 ラウンドは大関正代対3敗遠藤戦。互いに 左の相四つ。相撲は、遠藤が二本入って出る が、正代左が入って返すと遠藤浮き上が ...

■夏14日目 大波乱!遠藤連日の殊勲

2021/5/22  

1敗照ノ富士の優勝は堅いと思われた。3敗 遠藤がそうはいくかいとばかりに、紙一重で 照ノ富士の投げを打ち返して制した。相撲は、 遠藤が二本はいって寄り立てる。照ノ富士、 こらえて小手にかかえて投げにい ...

■夏13日目 幻の照ノ富士-正代戦

2021/5/21  

終盤にきて、大相撲の話題が土俵から土俵外 に移ってしまった。朝乃山の外出禁止期間の キャバクラ通いの処分が話題になっている。 虚偽報告があったので、3場所出場停止の 阿炎を下回ることはあるまいという見 ...

■夏12日目 繰り返される自覚なき行為

2021/5/20  

ここへきて大相撲がゆれている。大関朝乃山 が協会の新型コロナウイルス感染対策ガイド ラインに違反してキャバクラに通っていた のだ。これまでは事実無根と主張していたが、 ここに来て認めたというのだ。週刊 ...

■夏11日目 予想をはるかに超えた照ノ富士の1敗

2021/5/19  

全勝優勝の話題が出始めた照ノ富士。それ ほど磐石で安定した相撲を取り続けてきた。 その照ノ富士がまったく意外なカタチで黒星 がついた。11日目の対戦相手は妙義龍である。 相撲は、妙義龍がもろざしではい ...

■夏10日目 朝乃山・正代は勝ち越せるのか

2021/5/18  

まず、このテーマ自体が情けない。大関は 本来協会の看板であり、特別待遇を受けて いる立場である。朝乃山・正代は10勝できる かが本当のテーマでなくてはならない。しか し、現状では難しい。大関は常に10 ...

■夏9日目 照ノ富士対高安戦を斬る

2021/5/17  

全勝照ノ富士と2敗高安が9日目に組まれた。 大関対関脇というにはいささか早すぎる取組 である。というのも照ノ富士は残り6番を 平幕3番、大関3番となるからである。ただ、 高安戦は照ノ富士にとって乗り越 ...

■夏8日目 重症朝乃山は出直しが必要

2021/5/16  

照ノ富士の強さの秘密、その1つに押し相撲 に押させないことがある。それが8日目の 大栄翔戦にあらわれた。大栄翔が押しにいこ うとするが、照ノ富士は踏み込んでどんどん 前に出る。さらに左をかかえこんでさ ...

■夏7日目 隆の勝は照ノ富士に勝てなくなってくる

2021/5/15  

お客さんが帰ってきた。平日は寂しい入りが 続いていた。だが、7日目は土曜ということ もあっていつも以上の入りとなった。相撲が 見たいという方は、本当はもっといるのでは、 と思わせた。大相撲はドラマだ。 ...

■夏6日目 早くも明暗分けた大関

2021/5/14  

暗 朝乃山 朝乃山がどうもピリッとしない。自分の相撲 が取れていない。6日目の対戦相手は霧馬山 である。先場所は立ち合いの変化から一気に 攻められ敗退している。 相撲は、霧馬山が突きあげて離れた展開か ...

■夏5日目ケガの巧妙!相撲を変えて成功した照ノ富士

2021/5/13  

初日から4連勝と危なげない相撲を取り続け てきた照ノ富士。先場所に続き大関正代を 倒し、そして大関朝乃山にも勝っている若隆 景。今場所旋風が吹きあれている。若隆景は 照ノ富士にどういう相撲を取るか。5 ...

■夏4日目 照ノ富士対御嶽海戦は再現相撲

2021/5/12  

国技館には開場30分前の12時半に着いた。 知った顔数人と再会した。待ち望んだ大相撲 という顔だった。館内にお客さんが戻って きた。しかし、4月下旬に売り止めにした せいか空席が目立った。幕下で阿炎の ...

■夏3日目 若隆景が魅せた巧みな技能相撲

2021/5/11  

若隆景は先場所大関貴景勝・正代を倒して 活躍したが、朝乃山には負けている。過去 不戦勝はあるものの、朝乃山に土俵の上で 勝ったことはない。その大関朝乃山に対して 若隆景は思いもかけない相撲を見せた。 ...

■夏2日目 一天にわかに掻き曇った3大関

2021/5/10  

初日こそ4大関がそろって勝利したが、早く も2日目に大崩れに崩れた。朝乃山は連勝 している明生と対戦した。朝乃山は勇んで 出ていくが、明生が右からすくうといかにも 軽く、重心が浮き上がった。明生はそこ ...

■夏初日 大関試練の4番勝負

2021/5/9  

3日間だけ無観客となる静かなスタートの 五月場所が始まった。初日は大関にとって 試練の対戦相手となった。朝乃山対大栄翔、 貴景勝対若隆景、正代対北勝富士はいずれも 先場所負けている対戦相手である。唯一 ...

2021年五月場所の視点

2021/5/8  

東京の非常事態宣言が延長された。5月11日 だったのが、5月31日になった。延長はある 程度予期されていたが、問題は大相撲五月 場所の開催である。最悪は15日間の無観客 開催である。その恐れがあった。 ...

2021年五月場所大関に挑む11人のサムライ

2021/5/7  

一人横綱白鵬の休場は、自身が三月場所中に 決断しており、五月場所の出場はなさそうで ある。照ノ富士が大関に復帰して4大関に なった。4大関に挑むのは、上位に休場が ない限り、前頭西4枚目妙義龍までであ ...

大関への注文 下

2021/5/6  

貴景勝が大関への足がかりとなったのは2018 年十一月場所である。そこから連続5場所の 成績が下記である。2020年五月場所は中止で ある。 2018年11月~2019年7月 37勝15敗23休 20 ...

関脇以下最強は誰

2021/5/5  

五月場所番付は、若隆景、北勝富士、明生の 3人は関脇、悪くても小結に上がれる成績を あげながら、平幕に留まった。関脇・小結が 全員勝ち越したためである。関脇・小結の 全員勝ち越しは一月場所も同様であっ ...

大関への注文 上

2021/5/4  

照ノ富士が大関へ復帰した。幕内復帰して 5場所後のことである。かなり驚異的なこと である。この5場所に優勝2回、優勝同点 1回だから、現在の大関の中では最強といっ て差し支えない。取り口は寄りを主体と ...

横綱フル出場なしの場所8

2021/5/3  

■平成20年代 なし ■平成30年代 3回 平成30年七月場所、横綱稀勢の里は全休、 鶴竜と白鵬は途中休場した。大関は3人いた が栃ノ心は途中休場、豪栄道10勝、高安9勝 で優勝争いに加われなかった。 ...

2021年五月場所気になるやつら

2021/5/2  

三月場所は関脇以下の上位力士の勝ち越しが 目立った。それが以下である。 照ノ富士 12勝3敗 関脇 隆の勝 8勝7敗 高 安  10勝5敗 小結 御嶽海 8勝7敗           小結2 大栄翔  ...

優勝した場所の前と後の負け越し7

2021/5/1  

■若三杉 ・優勝した翌場所負け越し22例目 昭和35年五月場所、前頭4枚目の若三杉は 初日大関若羽黒敗れたものの、その後連勝を 重ね、14勝1敗で優勝した。横綱栃錦が引退 した場所であり、その栃錦から ...

力尽きた三段目力士響龍

2021/4/30  

三月場所13日目、三段目の取組で土俵に頭 から突っ込んで強打し、動けなくなっていた 響龍が急性呼吸不全で死去した。28歳だった。 突然の訃報であった。響龍の一番は間近で 見ていて、動けなくなって大変心 ...

一代年寄隠れ蓑論

2021/4/29  

鏡里が朝日新聞記者に言質を取られ引退する はめになったことは、「横綱その引退」で 書いてきた。その詳細はこうだ。横綱鏡里と 吉葉山は弱っていた。そうしたなか昭和32年 一月場所、吉葉山は場所中に引退し ...

脆弱な明日のホープ

2021/4/28  

2020年七月場所、琴勝峰は20歳という若さで 入幕した。20歳で入幕するというのは大変な ことである。しかし、幕内で目立った活躍は なかった。 8勝7敗 10勝5敗 8勝7敗 2勝13敗 1勝6敗8 ...

横綱フル出場なしの場所7

2021/4/27  

■平成10年代 6回のうちの2回目から 平成14年一月場所、横綱貴乃花は全休、横綱 武蔵丸は途中休場した。大関は魁皇、武双山、 千代大海と新大関の栃東の4人であった。 優勝は千代大海と栃東の間で争われ ...

7勝8敗据え置き盛りだくさんの五月場所番付

2021/4/26  

五月場所の番付が発表された。照ノ富士が 大関に復帰した。だが負け越した正代より下 の第4の大関に位置した。相変わらず合理性 を欠く番付である。次のケースをご覧いた だきたい。▼は翌場所の番付である。 ...

優勝した場所の前と後の負け越し6

2021/4/25  

■千代の山 ・優勝した前場所負け越し9例目 戦後の相撲界は日本の古いものはだめという 風潮のなかで観客はガラガラであった。食料 事情もよくなかった。そんななか千代ノ山 (昭和28年秋場所まではノの字) ...

暗澹!大相撲の行く末

2021/4/24  

東京都の緊急事態宣言要請を受け、政府は 4月25日から5月11日まで発令した。前回と 異なる点は、イベント開催は原則無観客に なることやデパートの休業要請、酒類の提供 禁止、路上や公園などの飲酒禁止で ...

横綱フル出場なしの場所6

2021/4/23  

■平成初期 7回 のうち4回から 平成4年三月場所、一人横綱北勝海が3日目 から途中休場した。優勝争いは3つ巴となっ た。千秋楽を迎え、大関小錦・霧島が2敗。 小結栃乃和歌が2敗であった。千秋楽小錦と ...

鶴竜の相撲人生6

2021/4/22  

2017年、鶴竜は6場所中5場所休場した。 詳細は以下である。 5勝6敗4休 10勝5敗 1勝4敗10休 2勝2敗11休 全休 全休 18勝17敗55休、横綱戦2勝0敗、大関戦0勝 2敗、関脇以下16 ...

優勝した場所の前と後の負け越し5

2021/4/21  

■東富士 ・優勝した前場所負け越し7例目 ・優勝した翌場所負け越し14・16例目 ・優勝した前場所・翌場所負け越し4例目 東富士は全勝優勝、連続優勝がないのが物 足りないといわれてきた。それだけではな ...

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.