大相撲

照ノ富士2015年の栄光3

2020/12/4  

照ノ富士は間垣部屋から伊勢ヶ濱部屋に移籍 してから急速に力をつけてきた。三月場所 から豪栄道・琴奨菊を超える実力を身につけ てきた。さらに三月場所は横綱白鵬に勝って、 自信をつけた。 <照ノ富士> そ ...

琴奨菊の土俵人生1

2020/12/3  

十一月場所、琴奨菊が引退した。2019年五月 場所から6場所連続負け越しが続いた。2020 年七月場所は勝ち越したものの、九月場所は 途中休場後再出場したが最終的に2勝しかでき ず大敗した。十両落ちは ...

横綱考

2020/12/2  

十一月場所、貴景勝が大関で優勝したことで、 一月場所は横綱昇進をかける場所と報じられ た。審判部は連続優勝を条件にしている。 旭富士から日馬富士まではすべて連続優勝で 横綱に昇進した時期があった。横綱 ...

照ノ富士2015年の栄光2

2020/12/1  

迎えた2015年五月場所、横綱は白鵬、日馬 富士(同部屋で対戦なし)、鶴竜(全休)、 大関は稀勢の里、琴奨菊、豪栄道であった。 23歳照ノ富士は東関脇であった。 <稽古総見の照ノ富士(前左)> 初日波 ...

照ノ富士2015年の栄光1

2020/11/30  

十一月場所では13勝2敗の優勝同点で場所を 盛りあげた照ノ富士。照ノ富士の活躍がなけ れば寂しい場所になりかねなかった。照ノ 富士は大関復帰を目指している。そのため にも十一月場所は貴重な基点となった ...

新大関あれこれ

2020/11/29  

今年(2020年)は朝乃山、正代と2人の新大 関が誕生した。朝乃山は12勝-10勝-序盤 途中休場と失速気味。正代はいきなり序盤 途中休場でこの後に不安を残した。それは ともかく、2人の新大関誕生は平 ...

2020年架空年間三賞

2020/11/28  

2020年は新型コロナウイルスの影響で大相撲 は1場所中止になった。そのため、5場所で 終了した。年間を通した賞には最優秀力士賞、 新人賞がある。いまはないが、かつて日刊 スポーツは年間三賞を制定して ...

横綱審議委員会のあり方

2020/11/27  

横綱審議委員会。その誕生のいきさつはこう だ。昭和25年春場所、羽黒山、東富士、照國 の3横綱総崩れにより序盤戦から休場。こう した事態に世間の批難にさらされた協会は あわてた。 1月20日の役員会で ...

新大関負け越しの翌場所

2020/11/26  

関脇で優勝して、華々しく大関に昇進した 正代。だが、新大関の場所では5日目から 休場し、一転カド番に追い込まれた。まさに 明から暗となった十一月場所の大関デビュー 戦であった。ケガの原因は高安ともつれ ...

最高位横綱の大関初優勝

2020/11/25  

十一月場所、大関貴景勝が大関初優勝を成し 遂げた。大関在位8場所目(関脇降格場所を 含まない)の快挙であった。早くも綱取りの 見出しが掲載された新聞があった。あるいは 横綱昇進の条件は連続優勝という審 ...

2020年年間最多勝最終形

2020/11/24  

十一月場所を終了したことで今年1年間の 成績が確定した。九月場所までは正代と朝乃 山がトップを争っていたが、十一月場所で ともに途中休場で早々と脱落した。このとこ ろ年間最多勝は低レベルであるが、今年 ...

2020年十一月場所総評

2020/11/23  

★優勝争いについて 一人大関貴景勝と大関復帰を目指す照ノ富士 の優勝争いが最高に場所を盛り上げた。やは り実力者が優勝を争ったほうがベストである。 平幕中位以下で勝ちあがっても、星を幕内 中位・下位で ...

■十一月千秋楽 貴景勝対照ノ富士!決戦2番を斬る

2020/11/22  

大関と小結が千秋楽結びの一番で優勝を争う ことになろうとは。いったい誰が予想できた だろうか。貴景勝対照ノ富士、前半に顔が 合っていてもおかしくない取組である。それ が今場所の優勝をかけての最後の一番 ...

■十一月14日目 勝ち抜いた貴景勝・照ノ富士が千秋楽激突

2020/11/21  

2敗同士のサバイバル戦。14日目の最高の 取組は照ノ富士対志摩ノ海戦である。立ち 合い照ノ富士があたり勝った。右ざしねらい。 志摩ノ海まわりこんで左でおっつける。照ノ 富士圧力をかけながら、左まわしを ...

■十一月13日目 貴景勝対志摩ノ海!決戦を斬る

2020/11/20  

13日目、幕内前半に志摩ノ海は登場しない。 幕内後半が始まっても登場しない。そう志摩 ノ海は結びの一番で1敗同士で貴景勝と対戦 する。ここまでの両力士の対戦相手の地位を みていこう。 ・貴景勝 小結- ...

■十一月12日目 貴・照・志摩3者のサバイバル戦

2020/11/19  

1敗志摩ノ海対2敗竜電の対戦が幕内3番目 の取組として組まれた。前日宝富士相手に 強さを発揮した竜電か。相撲に意気込みが みなぎる志摩ノ海か。相撲は次のように展開 した。両者あたって左ざしをねらう竜電 ...

■十一月11日目 幕内中位以下の平幕優勝はわけあり優勝

2020/11/18  

幕内2番目の取組に1敗タイで優勝戦線トッ プの志摩ノ海が登場した。対戦相手は入幕 2場所目で6勝4敗の豊昇龍 である。優勝 トップに対抗しうる要素は少ない。したがっ てこの取組にはわくわく感がなかった ...

■十一月10日目 優勝戦線5番勝負

2020/11/17  

優勝戦線6力士で直接の対戦は1敗志摩ノ海 対2敗千代の国戦だけである。この一番は 立ち合いあたりあったが、千代の国引いて 万事休す。向こう正面で土俵を割った。千代 の国は3敗となって後退した。志摩ノ海 ...

■十一月9日目 優勝戦線に波乱続出

2020/11/16  

元大関の同士の一戦となった照ノ富士対高安 戦は激しい攻防の一番となった。両力士あた ったあと高安右からいなし、照ノ富士大きく 崩れるも持ち直して出る。右四つ高安まわり こんではたく、照ノ富士落ちそうに ...

■十一月8日目 仮想貴景勝に敗北した照ノ富士

2020/11/15  

照ノ富士にとって要注意力士大栄翔との対戦 が8日目実現した。相撲は照ノ富士が左まわし 右引っ張り込みで出て行くがまわしはとれない。 大栄翔まわりこんで反撃。照ノ富士を正面 土俵に押し出した。照ノ富士に ...

■十一月7日目  場所のメーンイベントは貴景勝対照ノ富士戦 

2020/11/14  

琴奨菊が引退の意向をかためたという。元 大関が十両で取るという珍しさであったが、 いかんせん勝てなくなってきた。1勝5敗 では幕内復帰どころか番付をさらに下げかね ない。36歳、限界でやむを得なかった ...

■十一月6日目 全勝対全敗

2020/11/13  

6日目、全勝対全敗の対戦が幕内の前半で 実現した。幕内14枚目千代の国ここまで5戦 5勝。先場所十両で14勝1敗優勝した勢いを そのまま持続してきたような今場所である。 さらに遡れば七月場所は幕下で7 ...

■十一月5日目 北の富士さんの戒め

2020/11/12  

正代が5日目から休場した。新大関早々負け 越しで来場所はカド番である。新大関で負け 越した大関は、昭和以降では小野川(のちの 豊國)、男女ノ川、五ッ嶋、佐賀ノ花、松登、 豊山、前の山、大受、増位山、千 ...

■十一月4日目 正代修正前の敗戦

2020/11/11  

正代は迷走していた。2日目の霧馬山戦以外 は紙一重の勝負で危ない勝ち方だった。正代 本来の相撲ではない。正代の相撲が取れて いなかった。正代はどこかで修正してくると 思っていたら、敗戦が先にきた。相手 ...

■十一月3日目 大相撲冬の時代到来か

2020/11/10  

朝乃山が3日目から休場した。館内には病気 休場のためとアナウンスされたが、昨日の 今日で突然なる病気って何って聞き入って しまった。だが、実際は右肩負傷であった。 誤報というよりいい加減さを感じてしま ...

■十一月2日目 復調照ノ富士恐るべき強さ

2020/11/9  

2日目結びの一番は照ノ富士対大関朝乃山戦 であった。照ノ富士は先場所強さを発揮しな がら惜しくも途中休場となってしまった。 だが、照ノ富士はこの日朝乃山戦で恐るべき 強さを発揮し、みせつけた。立ち合い ...

■十一月初日 三者三様!大関白星発進

2020/11/8  

今場所から5000人と倍増の観客を入れての スタートとなった。いままで使用していな かったマス席の角、花道の上のななめのマス 席など4箇所が開放された。2階イス席の 東西にあった記者席、西 はなくなっ ...

2020年十一月場所の視点

2020/11/7  

九月場所は休場の嵐だった。幕内10人、出場 停止1人、十両2人、場所前引退1人とこれ でもかと休場力士が増えていった。今場所、 初日から休場は白鵬・鶴竜の両横綱と琴勇輝 である。阿炎は引き続き出場停止 ...

2020年11月 3大関に挑む11人のサムライ

2020/11/6  

今年納めの十一月場所が始まる。大関陣には 新大関正代が新たに加わった。横綱鶴竜は 11月5日休場が決定した。稽古がままなら ない状態だったので、予感はしていた。6日 にな って白鵬の休場が正式に決定し ...

新大関正代15番勝負 東方編

2020/11/5  

引き続き正代の15番勝負東方を検証していこ う。対戦成績、ここ6場所の星は正代から みたものである。 6(……○…●○)1北勝富士 北勝富士は突き押しのパワー相撲だが、正代 は意外と苦にしていない。後 ...

貴景勝・朝乃山の優勝の可能性を探る

2020/11/4  

大関貴景勝・朝乃山の共通点は何か。それは 初優勝以降12勝が最高成績であることだ。 13勝以上の壁を破れないでいる。これでは 優勝の決定打にならない。大関の優勝がなく なって久しい。20017年一月場 ...

新大関正代15番勝負 西方編

2020/11/3  

新大関正代のデビュー戦となる十一月場所が 迫ってきた。今度は正代をみる周囲の目が 違ってくる。それに対し、正代はどういう 相撲を取るのか。正代の15番を検証してみた。 15人は番付上東4枚目北勝富士ま ...

休場明けの白鵬・鶴竜

2020/11/2  

横綱審議委員会から休場の多さを指摘されて いる両横綱。今年(2020年)に入って4場所 中3場所休場の白鵬と鶴竜。フル出場したの は無観客開催だった三月場所のみである。 きたる十一月場所は出場せざるを ...

十一月場所のチケット状況

2020/11/1  

大相撲のチケットはある日突然発表される。 十一月場所も例外ではなかった。そのため、 相撲ファンでも知らずに過ごすことが出て しまう。このあたりは工夫が必要である。 十一月場所チケットは10月20日から ...

35歳以上の横綱

2020/10/31  

白鵬と鶴竜の両横綱はそろって35歳である。 年6場所で消耗が激しい中では大変珍しい。 年6場所後に誕生した横綱で35歳まで相撲を 取ったのは千代の富士だけである。35歳以上 の横綱が複数いたことは昭和 ...

現代相撲部屋継承事情13

2020/10/30  

元常ノ花出羽海の急死で出羽海の後継者を 決めなければならなくなった。以前元常ノ花 出羽海が自殺をはかったとき、遺書があって 1通は千代の山にあてたものだった。それ には出羽海の後継者を千代の山とすると ...

天空海の出世街道

2020/10/29  

天空海が新入幕を果した。天空海はあくあ と読む。天空海はどのような出世街道を歩ん できたのか。改めて振り返ってみた。体は 小学生の頃から大きくなった。高校時代、 下地は相撲ではなく柔道であった。大洗の ...

2021年土俵の目撃者カレンダー

2020/10/28  

2021年土俵の目撃者カレンダーをお届けしま す。2020年は無観客あり、中止あり、日程 変更あり、前売はある日突然という状況でし た。新型コロナウイルスの状況は変化がない まま、2021年に突入しそ ...

最高位大関の大関優勝

2020/10/27  

正代が大関に昇進したことで3大関となった。 これまで大関の優勝は2017年一月場所の稀勢 の里以降ないと書いてきた。この間21場所が 経過している。関脇が3場所、小結が1場所、 平幕上位が1場所、平幕 ...

2020年十一月場所番付の視点

2020/10/26  

新番付が発表された。正代が大関になった 影響で、あいた関脇に隆の勝が新関脇として 昇進した。2018年九月場所の新入幕から12場 所を要し、2019年十一月場所の再入幕からは 5場所を要しての新関脇で ...

四股名あれこれ 動物編4

2020/10/25  

引き続き鳥類の文字を含む四股名最後の文字 鷲を以下の条件のもとで紹介していこう。 1.動物といっても竜(龍)、麒麟、鳳、 鵬などの伝説や空想上の動物は含めなかった。 2.鯱はしゃちと読む四股名は入れ、 ...

鶴竜の困惑

2020/10/24  

鶴竜の様子が伝えられている。調整段階で あって、本格的稽古はこれからになりそうだ。 横綱だけに不成績はあげられない。それで なくても横綱審議委員会から休場の多さを 指摘されているから難しい立場におかれ ...

力量不足の横綱はなぜ生まれる

2020/10/23  

白鵬・鶴竜が35歳なおかつ休場がちで長く ないと誰しも思う。そんなとき七月場所12勝 3敗だった朝乃山が九月場所優勝すれば横綱 という線がなきにしもあらず、という見方が あった。しかし、大半は九月場所 ...

現代相撲部屋継承事情12

2020/10/22  

元両国(前名国岩)出羽海は時系列ではなく、 項目別に触れていくことにしよう。先代の 元常陸山の認可がおり、元両国(前名国岩) 出羽海の下で元栃木山の春日野部屋、元大門 岩の山分部屋がスタートした。分家 ...

白鵬の今後

2020/10/21  

白鵬の休場が目立っている。今年(2020年) に入って24勝6敗2不戦敗28休である。不戦 敗を含む休場率は50%である。大鵬の晩年、 最後の1年間は57勝11敗2不戦敗11休で不戦 敗を含む休場率は ...

四股名あれこれ 動物編3

2020/10/20  

引き続き鳥類の文字を含む四股名を以下の 条件のもとで紹介していこう。 1.動物といっても竜(龍)、麒麟、鳳、 鵬などの伝説や空想上の動物は含めなかった。 2.鯱はしゃちと読む四股名は入れ、しゃち ほこ ...

炎鵬の今後

2020/10/19  

九月場所、炎鵬は中日まで1勝7敗だった。 まったくいいところがなく、重量級に押し つぶされそうな一方的な相撲内容が続いた。 このままでは十両落ちかと思わせるほど、 不振であった。小さい炎鵬がいっそう小 ...

現代相撲部屋継承事情11

2020/10/18  

数ある相撲部屋で最も歴史があり、名門中の 名門といわれる部屋が出羽海部屋である。 9代続いている。出羽海部屋は、角聖といわ れた元横綱常陸山の出羽ノ海が大きくした 部屋である。常陸山の師匠にあたるのが ...

四股名あれこれ 動物編2

2020/10/17  

引き続き哺乳類の文字を含む四股名を以下の 条件のもと紹介していこう。 1.動物といっても竜(龍)、麒麟、鳳、 鵬などの伝説や空想上の動物は含めなかった。 2.鯱はしゃちと読む四股名は入れ、しゃち ほこ ...

四股名あれこれ 動物編1

2020/10/16  

九月場所、新入幕翔猿が活躍したことでその 名を広く知らしめた。テレビの司会者が「最 初しょうえんと読むのかと思ったよ」と発言 していた。そこで動物にちなんだ四股名を 調べてみることにした。 <翔猿> ...

2009年相撲メモから1年を振り返る2

2020/10/15  

引き続き11年昔を相撲メモから振り返り、 現代といかに異なるかを明らかにしていき たい。 ★頭打ちのスピード出世力士 スピード出世は明日の大相撲を担うバロメー ターである。しかし、当世のスピード出世 ...

2009年相撲メモから1年を振り返る1

2020/10/14  

10年一昔と言うが、ここでは11年昔を相撲 メモから振り返ってみたい。現代と比較して どういう時期であったか明白にしていきたい。 2009年は横綱が白鵬と朝青龍のときである。 白鵬は23歳から24歳、 ...

大相撲専門誌の行く末

2020/10/13  

大相撲専門誌「スポーツ報知大相撲ジャー ナル」が決算号を出版しなくなって2場所が 経過した。決算号が出なくなったのは突然で あった。「NHK G-Media大相撲中継」に 続いて2誌目である。今決算号 ...

横綱の大関在位場所数番付

2020/10/12  

横綱の大関在位場所数番付を作成した。対象 は東京横綱で、実質横綱が地位化した常陸山 以降とした。さらに、大関時代の勝率を付け 加えた。引き分け、預かり等は0.5勝0.5敗と した。1勝14引き分けが1 ...

現代相撲部屋継承事情10

2020/10/11  

7代続いている部屋が高砂部屋である。創設 者は明治の風雲児高砂浦五郎である。大名の お抱え力士という時代でなくなっていたなか で、相撲会所(日本相撲協会の当時の呼称) のトップ筆頭玉垣(前身は謎)とN ...

輪島モデルからみた朝乃山と正代

2020/10/10  

正代が大関に昇進したことで学生出身の大関 は朝乃山と2人になった。正代と朝乃山は 横綱を目指すライバルになった。だが、これ まで学生出身の大関は何人もいても、横綱 となると輪島一人しかいない。輪島が横 ...

貴景勝大関の通信簿

2020/10/9  

九月場所の貴景勝は久々に優勝争いをし、 12勝3敗で次点となった。正代との2敗対決 に敗れたことが大きかった。最近の傾向は、 優勝を争う直接対決を制した力士が優勝して いる。貴景勝が大関に昇進してから ...

現代相撲部屋継承事情9

2020/10/8  

引き続き5代続いた部屋をみていこう。宮城 野部屋の5代は同じ師匠が2度になっている。 それはまったく無関係の師匠が突然部屋を 組み入れたことに起因していた。 高島(元巴潟)部屋の横綱吉葉山は現役の と ...

関脇優勝の翌場所

2020/10/7  

大関の昇進は、昇進時の成績、相撲内容が 問われるのは当然である。だが、もっと大事 な点は大関としての成績、相撲内容である。 正代は関脇優勝のあとはどのような成績を 残せるのか。そこで関脇優勝の翌場所を ...

正代の相撲内容を検証する2

2020/10/6  

引き続き正代の相撲内容を検証していく。 ■9日目 関脇大栄翔 大栄翔果敢に突いて出て、突上げて正代の 体をおこしにかかる。正代踏みとどまるも 引いて後退。土俵際右足一本でこらえる。 大栄翔も前に落ちて ...

現代相撲部屋継承事情8

2020/10/5  

九月場所優勝した正代は時津風部屋の所属で ある。時津風部屋は双葉山がおこした部屋で ある。双葉山は立浪(元緑嶋)部屋出身で ある。師匠の娘をもらうことを断ったり、 様々な点で師匠と意見が折り合わなかっ ...

正代の相撲内容を検証する1

2020/10/4  

九月場所、正代は13勝2敗で優勝し、大関に 昇進した。九月場所正代はどのような相撲を 取ったのか。改めて一番一番を検証してみる ことにした。 採点は5段階で、細かく評価するため0.5を 加点減点するこ ...

2020年!4場所経過した年間最多勝レース

2020/10/3  

2020年は五月場所が中止となって、残すとこ ろ1場所となった。九月場所で4場所を終え た年間最多勝レースはどう変化しただろうか。 4場所までの途中経過をまとめてみた。それ が次の表である。なお、対象 ...

現代相撲部屋継承事情7

2020/10/2  

九月場所があり、いくぶん間が空いたが、 引き続き4代続いた相撲部屋をみていこう。 陸奥(元霧島)部屋のルーツは井筒部屋で ある。井筒部屋といっても高砂部屋から分家 独立した初代西ノ海がおこした井筒部屋 ...

関脇優勝の足跡

2020/10/1  

九月場所関脇優勝した正代は場所後大関に 昇進した。大正15年優勝制度が始まって以来 関脇の優勝は以下の29例目である。なお、 大正15年以降場所は464場所となった。中止 になった2場所は含んでいない ...

新大関正代論

2020/9/30  

大関の伝達式がおこなわれる時津風部屋は、 内外ともに数多くの胡蝶蘭が飾られていた。 壮観な眺めである。協会使者として鏡山 (元多賀竜)と立川(元土佐ノ海)が派遣 され、部屋に午前に着いた。時津風(元 ...

正代実力評価の変遷

2020/9/29  

正代の大関昇進が決定的な状況である。大関 になっても本名の正代でいくとのこと。輪島 が本名で通すことになったのは、どこにでも ある名前ではないというのが理由であったが、 正代にもいえる。その正代が強さ ...

2020年九月場所総評

2020/9/28  

★多数の休場者を出したが 両横綱をはじめ出場停止の阿炎を含め、幕内 は10人に及んだ。石浦は途中出場、琴奨菊・ 霧馬山は再出場したが、これでもかという 感じで休場力士は、留まることがなかった。 新型コ ...

■九月千秋楽 大苦戦のなか正代初優勝、だが…

2020/9/27  

正代か翔猿か。優勝の行方は結び前の2敗 正代対3敗翔猿の一番にかかっていた。と いっても実力差がありすぎる。あるいは相撲 にならない可能性さえある。ところが現実は 違った。 <翔猿の猛攻> 翔猿があた ...

■九月14日目 単独トップ正代の大関はあるのか

2020/9/26  

14日目、優勝戦線に変化があった。3敗の 阿武咲が隆の勝に敗れ、同じく3敗の若隆景 が御嶽海に敗退して4敗になり、優勝戦線 から退いた。まず、実力通りの結果が出た ことになる。下克上とはいかなかった。 ...

■九月13日目 決戦を斬る

2020/9/25  

幕内中位以下の2敗として残った翔猿。動き のよさで調子をあげてきた。対戦相手の隆の 勝は地力をつけ、上位で勝ちこせる力士と なった。実力は翔猿より上である。相撲は こう展開した。隆の勝あたって押し込ん ...

■九月12日目 注目の一番!平幕2敗力士が激突

2020/9/24  

遠藤が12日目から休場した。幕内では9人目 である。12日目の取組は18番と寂しい数字に なった。そのうち1番は不戦だから実質17番 である。現代重量級大相撲はケガに直結しや すいということか。 <上 ...

■九月11日目 対戦相手の差

2020/9/23  

11日目を終え、2敗は上位で貴景勝、正代、 幕内中位以下で若隆景、翔猿となった。上位 と中位以下の直接対戦は行われない流れに なりつつある。12日目貴景勝は遠藤、正代は 宝富士との対戦である。朝乃山対 ...

■九月10日目上位2敗対中位以下2敗の対戦はあるか

2020/9/22  

10日目から霧馬山が休場した。朝乃山は今場 所豊山戦に続いて2つ目の不戦勝となった。 休場は出場停止の阿炎を含め、幕内だけで 8人目である。もっとも石浦は途中出場、 琴奨菊は再出場している。 <霧馬山 ...

■九月9日目 同一視できない2敗組

2020/9/21  

2敗が9人という見出しが踊った。8日目 までのトップの成績である。一見にぎやか だが、まだ勝ち越したわけではない。また、 幕内中位・下位からあげた星は上位の星とは 明らかに異なる。同一視するわけにはい ...

■九月8日目 上位3人2敗並走

2020/9/20  

8日目の結びの一番は貴景勝対栃ノ心である。 かつて、関脇貴景勝は大関昇進をかけて、 大関栃ノ心はカド番の場所7勝7敗で対戦 したことがある。このときは貴景勝が勝って 大関を決めた。2019年三月場所の ...

■九月7日目 思わぬ力を発揮し、勢いにのる照ノ富士

2020/9/19  

上位1敗組2敗組に変化があった。まず、 2敗御嶽海が玉鷲の突き押しに、なにもでき ずにあっさり土俵を割ってしまった。こんな 相撲をとっているようでは優勝できない。 御嶽海の限界をみる思いがした。1敗正 ...

■九月6日目 上位1敗組2敗組の寸評

2020/9/18  

6日目も上位は安泰だった。上位の1敗貴景 勝・正代、2敗御嶽海・照ノ富士はどういう 相撲だったのか。寸評をまじえ記してみたい。 まず御嶽海。対戦相手は小結遠藤。御嶽海 ぶちかましてすぐにはたき込み。御 ...

■九月5日目 上位4強そろい勝ち

2020/9/17  

上位4強が強さを発揮し、それぞれ危なげ ない相撲内容で勝利した。まず、昨日1敗 した正代は突き押しのパワー相撲の北勝富士 と対戦した。立ち合いあたりあって、正代 まったく下がらず、逆に北勝富士を圧倒し ...

■九月4日目気迫と闘志は光彩を発揮する

2020/9/16  

作家尾崎士郎の相撲に関する言葉がある。 「栃錦の土俵ほど、実力と運命との調和を 示したものはあるまい。気迫と闘志は人間の 裏づけによって光彩を発揮する。これなき ものは、第一流の力士たるべき資格に値せ ...

■九月3日目 正代、強さと意欲の相撲

2020/9/15  

強さうまさを制す。正代対遠藤の対戦は正代 が出足で前に出る力が遠藤を圧倒した。遠藤 は土俵際でもろ差しとなったが、正代は最後 両手で胸を押した。詰めも万全だった。正代 はまた一段と力をつけてきた。正代 ...

■九月2日目 朝乃山の迷走

2020/9/14  

ここ2場所、貴景勝の押しに陰りがみえて きた。押ししかない力士が押しの威力が失わ れては相撲に精彩がなくなる。貴景勝には ある懸念があった。それは大関大受である。 大受も押し相撲であった。大関直前の大 ...

■九月初日 注目の二番を分析

2020/9/13  

場所が始まった。13時開場で七月場所初日は 1時間前から列ができ、南門を曲がるほどの 長さに達していた。今回はどうか。11時47分 ごろ両国駅に着いた。まだ誰も並んでいなか った。売れ行きは前回以上で ...

2020年九月場所の視点

2020/9/12  

白鵬、鶴竜の両横綱は初日から休場である。 年齢的にも35歳で多くを望めない。出場して も、どこかで休場してしまうのではという 思いがついてまわる。柏戸の晩年は、力が 衰えても新しい横綱ができないから無 ...

暗転の九月場所

2020/9/11  

場所直前になってとんでもないニュースが 飛び込んできた。玉ノ井(元栃東 子)部屋 の所属力士19人が新型コロナウイルスに集団 感染したことが判明した。今は緊急事態宣言 が解かれ、自主規制で注意している ...

朝乃山優勝の可能性を探る

2020/9/10  

七月場所、朝乃山は12勝3敗、次点で終わっ た。横綱・大関でただ一人皆勤した。番付の 地位は皆勤した力士ではトップだったが、 及ばなかった。優勝できなかった原因ははっ きりしている。照ノ富士との1敗同 ...

現代相撲部屋継承事情6

2020/9/9  

引き続き4代続いた部屋を見ていこう。 ・立浪(元旭豊)部屋 緑嶋友之助は春日山(元朝日森)部屋に入門 し、春日山(元当たり矢)部屋のとき立浪 部屋として独立した。横綱双葉山、横綱羽黒 山、大関名寄岩の ...

九月場所の照ノ富士を予想する

2020/9/8  

七月場所の照ノ富士は大関転落後序二段まで 番付を下げての幕内復帰をはたした。その 場所で勝ち進み、優勝を争う大関朝乃山に 直接対決で勝ったことが優勝へ弾みをつけた。 九月場所の見所の1つに先場所優勝し ...

現代相撲部屋継承事情5

2020/9/7  

・佐渡ヶ嶽(元琴ノ若)部屋 初代琴錦が引退後に二所ノ関(元佐賀ノ花) 部屋から独立した部屋。創設したものの本家 二所ノ関が琴ヶ濱を手放さない。ほかに二所 ノ関の幕内力士は玉ノ海(後の玉乃海)と 大天竜 ...

2020年九月場所チケット事情

2020/9/6  

九月場所のチケットが発売された。七月場所 と異なる点は以下である。(  )は七月 場所である。 1.先行予約が初日の12日前(5日前) 2.先行予約はマス席ボックス席のみ(マス 席・イス席、ボックス席 ...

現代相撲部屋継承事情4

2020/9/5  

3代に渡って引き継がれた部屋にはいる。 ・東関(元高見盛)部屋 ハワイ出身の元高見山が高砂(元横綱朝潮) 部屋から独立した部屋。定年によって部屋は 弟子の元潮丸に引き継がれた。ところが、 元潮丸が病で ...

豊昇龍の出世街道

2020/9/4  

豊昇龍は朝青龍のおいとして注目されてきた。 朝青龍の長兄の次男にあたる。下地はレス リングである。もともとレスリングの留学生 として来日したが、相撲に魅了された。相撲 でも運動能力を発揮し、高校卒業見 ...

現代相撲部屋継承事情3

2020/9/3  

引き続き2代に渡って引き継がれた部屋を みていこう。 ・高田川(元安芸乃島)部屋 元前の山が高砂(元横綱朝潮) 部屋から独立 した部屋。元前の山が一門の意向に反して 理事に立候補したため、高砂一門を破 ...

翔猿の出世街道

2020/9/2  

翔猿は兄英乃海の影響で小学校から相撲道場、 さらに相撲教室へ通う相撲少年であった。 高校は相撲の名門埼玉栄へ進学した。北勝 富士とは同期であった。2年生のときには インターハイで団体優勝している。大学 ...

現代相撲部屋継承事情2

2020/9/1  

引き続き独立して部屋をおこした相撲部屋で まだ継承されたことはなく、一代のままの 部屋をみていこう。 ・西岩(元若の里)部屋 田子ノ浦(元隆の鶴)部屋より独立。浅草に 部屋をかまえたが、これからの部屋 ...

九月場所番付に2つの異変

2020/8/31  

九月場所の番付が発表された。千秋楽と同じ 8月である。関脇小結は順当である。関脇は 正代・御嶽海と詰まっていた。だが、小結で 11勝をあげた大栄翔が関脇に昇進するのは 当然であった。ここまではいい。 ...

現代相撲部屋継承事情1

2020/8/30  

相撲部屋の盛衰は世の常で、一代で大きく した部屋やかつては名門だったが、閉鎖して 消滅してしまった部屋もある。現代の相撲 部屋は44部屋ある。新興の部屋もあれば伝統 の部屋もある。部屋は何代に渡って継 ...

鶴竜の対戦50回以上

2020/8/29  

横綱鶴竜はベテランの域に入り、今度の九月 場所で幕内生活14年になる。もっともこの間 2場所中止になっている。それでも鶴竜の 対戦50回以上を超えた力士は3人いる。その うち2人は現役である。 なお、 ...

横綱知ってるつもり

2020/8/28  

横綱の始まり。相撲史家が明らかにしてきた のは、地鎮祭の際の地踏み(四股と同じ動作) が横綱の始まりのきっかけであった。これを 発展させたのが、相撲の家元吉田司家であっ た。この儀式を土俵で行い、上覧 ...

看板倒れ

2020/8/27  

七月場所は横綱鶴竜、大関貴景勝、横綱白鵬 と相次いで休場した。あまり深刻に受け止め られなかった面があるが、看板倒れの場所と なってしまった。 思い起こすのが昭和56年の三月場所である。 この場所は、 ...

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.