月別アーカイブ:2020年01月

引退豪栄道!大相撲に残した爪跡3大関の通信簿

2020/1/31    

豪栄道の大関時代の検証は他の大関との比較 によって明らかにしていこう。豪栄道は何位 くらいの大関なのか。項目別に調査してみた。 対象は昭和に誕生した能代潟以降の大関と した。最高位が大関の力士は能代潟 ...

引退豪栄道!大相撲に残した爪跡2

2020/1/30    ,

1月29日豪栄道の引退記者会見がおこなわ れた。「自分のなかではやりきった気持ちは ある。今は満足している」、「自分は横綱に あがれなかったので、横綱を育ててみたい」 と語っていたことが印象的だった。 ...

引退豪栄道!大相撲に残した爪跡1

2020/1/29    ,

一月場所、カド番で5勝10敗と大敗した豪栄 道の去就が注目されていた。これ以上相撲を 取り続けるのは無理、と思う反面三月場所は 地元大阪だからそこまでは現役でやるかもし れない、という2つのケースが考 ...

優勝徳勝龍 大一番と栄光

2020/1/28    ,

14日目、正代と1敗同士の大一番を連続写真 でふり返ってみよう。 勝負のポイントは徳勝龍が上手を取り、正代 が取れなかったことだ。正代は上手が取れな いまま出て、徳勝龍の冴え渡る突き落としが 決まった ...

2020年一月場所総評

2020/1/27    , ,

★両横綱の休場に関して 白鵬、鶴竜とも衰えを感じる負け方だった。 それだけに今回の休場は今までの休場と意味 が異なる。再び強い白鵬、鶴竜が復活するか どうかわからないほどの危うい負け方だった。 白鵬も ...

■初 千秋楽 優勝を解くカギは直接対決を制する者

2020/1/26    ,

千秋楽を迎え、優勝圏内は1敗徳勝龍、2敗 正代である。いずれも平幕力士という寂しさ は否めない。大関貴景勝、関脇朝乃山には 優勝を争うだけの底力がなかったことをはか らずも証明してしまった。結局白鵬・ ...

■初 14日目 一月場所は5年連続初優勝

2020/1/25    

正代か徳勝龍か。1敗同士の対戦が意外にも 前半に行われる、この一番の勝者が優勝に 一歩踏み出すことになる。地力は正代が上 だが、相撲は1番勝負であるだけに絶対は ない。観客の熱い注目がこの一戦に送られ ...

■初 13日目 3日遅れの取組

2020/1/24    

13日目、優勝戦線に変化はなかった。徳勝龍 は豊山をもろ手突きで攻め、逆襲する豊山を 連日冴えわたる突き落としでしとめた。徳勝 龍はこれで13日連続前頭8枚目以下との対戦 である。正代は輝相手に積極的 ...

■初 12日目 優勝戦線に変化あり

2020/1/23    , ,

優勝戦線に変化があった。まず、ささやか ながら1敗徳勝龍と2敗輝の直接対戦がよう やく実現した。輝が果敢に攻めたてるも、 徳勝龍必殺の土俵際の突き落としが豪快に 決まった。徳勝龍は1敗を守り、輝は3敗 ...

■初 11日目 工夫なき取組編成続く

2020/1/22    

前日からわかっていたことだが、優勝戦線の 力士同士の対戦はまたもなかった。取組的 興味が薄い対戦ばかりを連日見せつけられて も白けるばかりである。取組編成は後手に まわると、上位の取組をくずす恐れがあ ...

■初 10日目大関は風前の灯?

2020/1/21    ,

10日目は取組的には谷間の日となった。1敗 正代対1敗徳勝龍、1敗徳勝龍対2敗豊山、 1敗徳勝龍対2敗輝はなぜかことごとく避け られた。休場が多くてただでさえ取組数が 少ないところへ優勝戦線の力士がい ...

■初 9日目正代、立ち合いを制して1敗守る

2020/1/20    

貴景勝か正代か。9日目1敗同士の対戦が 実現した。離れて貴景勝、組めば正代。格闘 技は離れて戦うか、組んで戦うかのどちらか である。ところが相撲は両面をもっている 特殊な格闘技である。地力は貴景勝、勢 ...

■2020年一月場所の行方

2020/1/20    ,

両横綱の休場で優勝争いは混沌としてきたが、 それでもどうにか絞られてきた。現在1敗は 貴景勝、正代、徳勝龍の3人になった。その 貴景勝と正代が9日目に直接ぶつかる。この 勝敗が大きく影響する。対戦成績 ...

■初 8日目恐るべき正代!朝乃山を粉砕

2020/1/19    

長足の進歩をとげた2敗朝乃山か。1敗で 連敗は避けたい正代か。ただし、正代の6勝 のうち4勝は前頭5枚目以下というのは昨日 書いた。連続2ケタの勝利の関脇朝乃山の ほうが立場は上である。この勝負朝乃山 ...

■初 7日目6勝正代が試される上位との対戦

2020/1/18    

2敗同士の朝乃山対北勝富士。以前の朝乃山 は突き押しのパワー系に弱かったが、今の 朝乃山はかつての朝乃山ではない。ここ最近 の朝乃山は立ち合いの鋭さ、圧力、速さが 加わりスケールが大きくなった。相撲は ...

■初 6日目混戦・波乱の中の苦戦者達

2020/1/17    

1勝4敗とカド番の豪栄道が玉鷲相手に前に 出て下から押し上げて勝った。連日苦戦、 こわごわ取っている相撲がある中で、今場所 最もいい相撲だった。これがきっかけになる か。とにかく1日1番なのだから、白 ...

■初 5日目 混乱・波乱の優勝がもたらしたモノ

2020/1/16  

予想通り鶴竜は休場した。3場所連続休場で ある。いくらなんでも4場所連続休場は許さ れない。横綱は休場しても地位は変わらない。 これは特権である。しかし、横綱の責任を 果たせないときは自らが決断を迫ら ...

■初 4日目新旧交代の新に核なし

2020/1/15    

連敗白鵬が早々と休場した。負け方はもろ かった。晩年とあって相撲はせいいっぱい。 2敗から巻き返す実力も気力もなかった。 休場はやむなし。 2敗鶴竜は出場したからといって安泰とは いかない。相撲内容は ...

■初 3日目 横綱・大関崩壊の危機

2020/1/14    ,

2日目で、横綱・大関から全勝が消えた日。 立て直しをはかれる者はいるのか。と書いた。 その答は意外にも早くやってきた。 鶴竜の引きは負けを呼ぶ。北勝富士相手に それを地でいった。単に2敗というより、相 ...

■初 2日目横綱・大関の負けぬ日はなし大相撲

2020/1/13    ,

横綱の負けぬ日はなし大相撲!十一月場所の 白鵬対遠藤戦は流血の惨事となった。白鵬の 肘かち上げが遠藤の鼻を直撃した結果起きた 一番だった。遠藤はどう工夫し白鵬戦のリベ ンジを果たすのか。これがこの一番 ...

■初 初日高安・豪栄道・鶴竜の敗戦が意味するモノ

2020/1/12    

10勝して大関復帰を目指す高安。勝ち越して カド番脱出をはかりたい豪栄道、横綱の面目 を取り戻したい鶴竜。3者の思惑は違うが、 勝たなければならないのは共通だった。とこ ろが初日から黒星スタートと思い ...

大相撲初日前日見聞録

2020/1/11    

東京場所の初日前日は色々な行事が行われる。 相撲ファンが当然集まる。そこでは様々な声 が聞かれた。まず、石浦が出場停止になら なかったのは公平性からみると不公平である、 という意見を聞いた。自ら出場停 ...

2020年一月横綱・大関に挑む11人のサムライ

2020/1/10    ,

2横綱・2大関が出場する一月場所が始ま らんとしている。休場は幕内上位の琴勇輝で ある。年明け稽古場で殴り合いをした石浦は、 1ヶ月の報酬減額とけん責で、出場停止まで は、いかなかった。昨年は横綱・大 ...

一月場所・今年、記録は続く?

2020/1/9    ,

一月場所、16場所連続関脇小結連続在位記録 を続けていた御嶽海の記録はストップした。 しかし、まだ続いている記録がある。2020年 一月場所及び今年は記録に変化があるのだ ろうか。 ★一月場所、琴奨菊 ...

大関豪栄道のカモと苦手

2020/1/8    ,

大関豪栄道は今度の一月場所で大関33場所目 を迎える。昨年は大関がカド番から降格する ケースが目立った。豪栄道は今度のカド番が 9度目である。けっこうな数字である。先場 所はケガで1勝もできずに休場に ...

次の大関は誰か2017年版→2020年版

2020/1/7    ,

次の大関は誰か。実はこのテーマ、2017年 時点では、次のように書いている。 御嶽海、貴景勝、阿武咲、北勝富士が有力 候補である。これに30歳は超えているが、 若々しい相撲を取る玉鷲を入れた5人のなか ...

大栄翔の小結までの出世街道

2020/1/6    ,

一月場所番付、新たに小結になった力士が 大栄翔である。着実に力をつけていたが、 ついに小結まで到達した。昨年の十一月場所 は優勝白鵬に唯一の黒星を与え、殊勲賞に 輝いた。大栄翔はここまでどんな力士人生 ...

阿炎実力評価の変遷

2020/1/5    

阿炎は今年の一月場所で4場所連続小結在位 である。大関から関脇に降格する力士にさえ ぎられて関脇昇進を阻まれているが、三役に 定着してきた。上位と対戦しても遜色ない力 を発揮してきたといえる。阿炎は入 ...

今年はどうなる!引退

2020/1/4    ,

昨年(2019年)は関取の引退が目立った。 稀勢の里 32歳 豪風   39歳 安美錦  41歳 嘉風   37歳 これだけではない。他に引退勧告という特殊 ケースの貴ノ富士がいる。幕下以下で引退を ...

決まり手新分類6

2020/1/3    ,

足の裏以外を土俵につける技10分類のうち 捻り技に目をむけていこう。 ■投げ技 ■足技 ■足取り技 ■捻り技 上手捻り 下手捻り 肩透かし 腕捻り 外無双 内無双 合掌捻り 徳利投げ 首捻り 小手捻り ...

今年はどうなる!横綱・大関リーグ戦

2020/1/2    ,

昨年(2019年)ほど横綱・大関リーグ戦が 乏しかった年はなかった。不戦勝不戦敗を 別にして、実際土俵でおこなわれた横綱・ 大関リーグ戦の番数は次のようになった。 一月 3横綱3大関…1番 三月 2横 ...

今年はどうなる!新関脇・新小結・新入幕

2020/1/1  

昨年(2019年)は新関脇に貴景勝、新小結に 北勝富士、阿炎、竜電、朝乃山の5人がなっ た。今年の一月場所はすでに新関脇朝乃山、 新小結大栄翔が決定している。昨年は関脇・小結はのべ26人である。それで ...

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.