大相撲

大鵬の陰に隠れた男達

2016年6月28日

大鵬は、入幕した年から引退する年まですべての年で優
勝があるという記録の持ち主である。これは白鵬にも、
今後も誰にも簡単に破られない記録の可能性がある。6
連覇2回、32回優勝は当時の新記録であった。それまで
は、太刀山、栃木山、双葉山の5連覇、優勝は年2場所
時代の双葉山の12回が最高であった。

大鵬 003
<大鵬>

それほど優勝を街道突っ走ってきた大鵬だけに、大鵬の
陰に隠れた男たちがいた。それをまとめたのが下記の一覧
表であ
る。次点は横綱・大関との対戦がない、あるいは対戦
不足の力士は
除外した。また、上位で次点が複数いる場合は、
番付の地位が上の
力士を記載してある。
大鵬の影A
全体的には好敵手だった柏戸が11回と最多である。そも
そも、柏戸は昭和33年九月場所富樫の名で新入幕を果た
している。大鵬の新入幕より8場所早かった。柏戸の四股
名は昭和34年三月場所からである。大鵬が昭和35年一
月場所入幕したときはすでに小結2場所目であった。

大鵬に先んじる実力者でありながら、大鵬に優勝回数で
差をつけられたのは、2人の目指す相撲の相違であった。
大鵬は守りの相撲であった。それだけに負けにくかった。
一方の柏戸は前褌を取って走る攻撃相撲であった。その
ため、勢い余って負けたり、ケガをしたりすることが多か
った。

柏
<柏戸>

柏戸は大鵬の初優勝から30回目の優勝と長期に在籍して
いる。ただ、最後の1年半は1ケタ勝利が多くなり、衰えが
目立っていた。大鵬がいなければ2ケタ優勝はできた可能
性が高い。

柏戸の次に次点が多いのは8場所の佐田の山である。佐
田の山は大鵬の1年後に入幕してきた。大鵬を追いかけ
る立場であった。大鵬の3回目から26回目の優勝に在籍
している。

佐田の山
<佐田の山>

佐田の山と大鵬の対戦成績は、2度の優勝決定戦を含め、
6勝28敗と数字的にはかなり劣勢である。しかし、相撲は
闘志あふれる力量一杯の相撲を取り、熱戦が多かった。
2連覇した後の昭和43年三月場所、突如引退し、ファンを
驚かせた。それとともに内容あふれる対大鵬戦は永久に
失われた。

大鵬の引退時、大鵬がいることによって、一番苦労した
のは誰か、という質問にこう答えている。「佐田の山さん
です。ここ一場というときよく勝ってしまったから」佐田の
山は大鵬がいなければ、もう少し力士生命は長かった
かもしれない。

6月も残りわずか。
興味深いテーマをこれからも届けます。

マーク2カ所をクリックして応援してください。

よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲
-

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.