大相撲

国際技になった大相撲

筆者は以前横綱10大史を執筆したが、その10番目には
外国人横綱誕生を取り上げた。外国人横綱は小錦が
13勝優勝、12勝、13勝優勝というチャンスを見送ら
れていた。直前3場所で優勝がなく横綱に昇進した
力士、小錦以下の成績で横綱に昇進した力士と比べる
と万人を納得させるものではなかった。小錦はこの
チャンスを生かせず、横綱には届かなかった。外国人
横綱はいらないとする論旨が雑誌に掲載されたとき
でもあった。

<小錦>

突破口はハワイ出身の曙によって開かれた。長い腕
から繰り出す突っ張りは、威力抜群であった。同期の
貴乃花、若乃花との出世争いが注目の中、先んじて
横綱に昇進した。武蔵丸が続いた。ハワイからモン
ゴルへといわれるなかで朝青龍、白鵬、日馬富士、
鶴竜へと続いた。現在はモンゴル出身の照ノ富士のみ
が横綱である。

<曙>

気がつけば曙から10人の横綱が誕生したが、7人が
外国出身横綱なのである。日本人横綱は貴乃花、3代
目若乃花、稀勢の里だけである。70%が外国出身の
横綱で占められるまでにいたった。横綱稀勢の里が
誕生したときの熱気は大変なものだった。稀勢の里
のいくところ常に大勢の人が集まっていた。しかし、
外国人横綱主流の流れは変えられないところまできて
いる。

<稀勢の里>

優勝はどうか。貴花田が初優勝した平成4年以降を
みていこう。令和4年七月場所まで182場所あり、外
国出身力士の優勝は122場所に及んである。実に67%
を占めている。外国出身優勝者は14人に及んでいる。
小錦最後の優勝を含む、優勝1回は琴欧洲、把瑠都、
旭天鵬、栃ノ心、玉鷲、逸ノ城が果たしている。

平成18年三月場所から平成27年十一月場所までの58場
所連続日本出身力士の優勝がなかった。10年弱という
長期に及んでいる。この記録は琴奨菊の初優勝でスト
ップした。大相撲チケットが過熱したのはこのとき
からである。発売当日に15日間のチケットが消える
という今では考えられない事態である。

<優勝45回の白鵬>

こうしてみると大相撲は国技から国際技になったと
いえる。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.