大相撲

大相撲!役に立つ資料 中

引き続き役立つ資料を紹介しよう。

■新聞

新聞で忘れられないのは報知新聞(現スポーツ報知)
に掲載された玉の海梅吉氏の「切り捨てご免」であ
る。玉の海さんは土俵に根ざした力士の心のありよう
を説いた。大受を土の香りのする力士といい、体の
小さい貴ノ花の変化を求めなかった。現代、土俵の心
を語れる方は残念ながらいない。

<報知新聞の切り捨てご免>

もう一人新聞で忘れない方が杉山桂四郎氏である。
彼の杉山桂四郎帳は相撲のバイブルである。杉山桂四
郎帳といってもそういう名前のものがあるわけでは
ない。これは彼が新聞社記者時代執筆した記事をまと
めたものである。杉山桂四郎氏といえば視点の鋭さ、
思いも寄らない角度から斬り込むことで定評のあった
方である。

燃える要素があると強い北の富士を循環気質と書い
た。監察委員を八百長Gメンと表現した。また、当時
誰も話を聞きにいかないなかで、彼は元安藝ノ海に
よく話を聞きに行った。「貴ノ花は横綱になれない」
「骨がある若三杉(後の2代目若乃花)は北の富士級
になれる」など貴重な話を引き出している。

<杉山桂四郎氏の記事>

新聞は一般紙なら、縮刷版が図書館にあるかもしれ
ない。新聞社のデ-タベースは古いものは難しい場合
がある。そうかと思えば明治から現代まで検索できる
新聞社がある。有料が多い。

■雑誌増刊

雑誌増刊といっても専門誌を発行している会社からの
増刊号のことではない。ここではプロレスを核とした
日本スポーツ出版社から別冊ゴング増刊号として発行
された大相撲シリーズをあげておく。これはエド・
ア企が中心となって企画制作したものである。執筆者
に小坂秀二氏、杉山桂四郎氏、問題点を掘り下げる
三宅充氏などがかかわっている。かなり興味深いテー
マで制作された。

<昭和の名力士100人>

昭和の名力士100人
ふるさとの名力士
双葉山
栃若時代
昭和の名勝負100番
花田三代
大相撲観戦ガイド
昭和の優勝三賞力士
昭和最強力士
大相撲はんどぶっく横綱
など

<栃若時代>
<花田三代>

大相撲が本当に好きな方々が精魂込めた一冊である。
今読んでも読み応え十分である。ネットオークション
で入手できるモノもある。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.