大相撲

3連覇以上の優勝1

一月場所、終盤かかとを痛めたことで優勝を
逃した照ノ富士。結局3連覇はならなかった。
3連覇というのは意外と難しい。栃錦、若乃
花、玉の海でさえ、達成していない。

それでは大正15年優勝制度がスタートして、
最初に3連覇を達成した力士は誰か。それは
横綱常ノ花である。東西合併によって、昭和
とともに年4場所制になった。2場所を西
日本で開催した。そうしたなかで、昭和2年
三月場所から十月場所まで常ノ花が3連覇
した。

<常ノ花のブロマイド>

次が大関玉錦である。横綱不在の時代であっ
た。第一人者の玉錦が昭和5年十月場所から
昭和6年三月場所まで3連覇した。しかし、
玉錦はこれでも横綱に昇進できなかった。
現代なら考えられない。なお、玉錦は横綱に
なってから再び3連覇を達成している。

<玉錦のブロマイド>

玉錦3連覇のあと登場したのが双葉山である。
昭和11年夏場所から関脇1場所、大関2場所、
横綱2場所と5連覇を達成した。双葉山は
69連勝の途上で、当時は年2場所制であった。
双葉山はほかに3連覇もしている。

<双葉山のブロマイド>

戦後の混乱期。食料事情は悪く、常設会場を
失った大相撲。日本の古いものはみんなだめ
の風潮で人気がなかった時代、双葉山の弟
弟子の羽黒山が4連覇している。双葉山の
陰に隠れた存在だったが、ようやくクローズ
アップされた。その後、群雄割拠の時代で
3連覇する力士は誰もいなかった。

<羽黒山のブロマイド>

時代は年6場所制の申し子大鵬の登場を待つ
しかなかった。大鵬は大関で連続優勝すると
横綱になっても優勝を続け、4連覇を達成
している。若くて強い大鵬はこの後6連覇
2度、3連覇を達成している。3連覇のとき
が45連勝のときである。もっとも連勝は誤審
でストップされた。誤審がなければ何連勝
できただろうか。

<大鵬>

(この項目続く)

栃煌山引退大相撲の写真をピックアップしてみました。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.