大相撲

新型コロナウイルスの感染続く大相撲

優勝して新大関。勢い、自信、2大関の弱体
のなか御嶽海の優勝確率は高まる環境にある。
しかし、新型コロナウイルスは止まらない。
昨日新大関御嶽海の感染ニュースが入って
きた。御嶽海は39度の発熱があり、抗原検査
で判明したという。気になるのはいつから
陽性だったのかという点である。

<御嶽海大関昇進の日>

1月26日 大関の伝達式
1月29日 豪栄道引退大相撲
1月30日 栃煌山引退大相撲

引退大相撲でははさみをいれ、取組に出場
している。濃厚接触者は大丈夫なのか。御嶽
海はいつから稽古できるようになるのか。
三月場所は出場できるのか。心配はつきない。
全休にでもなれば大きなつまづきになりかね
ない。

<豪栄道断髪の日の御嶽海>

一月場所部屋ごとの休場で休まざるをえなか
ったのが、高安と水戸龍であった。2力士
とも2つの引退相撲の取組には出場していた。
余談だが、一月場所をケガで休場した貴景勝
も出場していた。もっとも濃厚接触者と本人
陽性では大違いだが。

新型コロナウイルスは止まることを知らない。
こんななか、大相撲は五月場所、マス席の
何%かを4人マスに、2階イス席を間隔を
空けずに使用することを発表している。たま
り席はすでに一月場所から通常状態である。

<栃煌山にはさみをいれる御嶽海>

今感染者は急激に増加している。それだけに
心配である。大阪の相撲仲間の一人は通常
開催になるまで観戦にはいかないという。
関東の相撲仲間はもう国技館にいくことは
ないと言う。制限が多い館内、通勤電車での
帰宅。見かけなくなった相撲仲間は少なく
ない。

新型コロナウイルスはおさまったかのように
見えて、倍々ゲームのように急激に増加した。
大相撲の苦悩はまだまだ続きそうである。

ある品がなかなか届きません。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.