大相撲

2021年十一月場所番付の視点

今年納めの十一月場所の番付が発表された。
白鵬の引退承認は番付編成後であり、番付に
名前は残ると伝えられてきた。ところが、
実際白鵬の名前はなかった。確かに引退は
事前に協会に伝えられており、既定の事実
なのだから、番付に名前が残るほうが本来
おかしかったのだ。それなら最初から白鵬の
名前は残るなどと、紛らわしい報道はすべき
でなかった。この結果幕内は41人という異例
の定員割れの番付となった。

<白鵬>

小結候補は、大栄翔、若隆景がいたが、霧馬
山が新小結となった。関脇・小結が3人勝ち
越し、小結候補が3人出る結果になったのは、
横綱・大関が3人しかいなく、大関が弱すぎ
たことに大きな要因がある。

<霧馬山>

前頭西7枚目から10枚目までは空白地帯で
ある。西7枚目千代翔馬は東5枚目で5勝
10敗ながら、小幅ダウンですんでいる。西8
枚目翔猿は7勝8敗で負け越しながら現状
維持となった。それは東9枚目碧山、西9枚
目英乃海、東10枚目千代大龍も同様で1点
負け越しながら、番付は現状維持となった。

関脇で出場停止の朝乃山は西10枚目まで番付
を下げた。新型コロナウイルスで部屋ごと
休場となった石浦は、番付はそのままの東12
枚目となった。十両優勝した阿炎が幕内に
復帰した。幕内は2020年九月場所以来である。
1年かけて戻ってきた。松鳳山は37歳の幕内
復帰である。こちらも2020年九月場所以来で
ある。

<阿炎>

十両は28人中、元幕内が15人いる。54%と
以前ほどではないが、今年(2021年)は新入
幕力士が2人と乏しかった。十両の活気は
若元春、武将山など若手にかかっている。
このところ覇気がない炎鵬は再び11枚目で、
下3枚しかない。北青鵬がいよいよ土俵に
登場する。どんな相撲を取り、どんな成績を
残すか期待される。新十両は寺沢改め朝乃若、
平戸海である。

<幕下時代の北青鵬(左)>

幕下は琴裕将、對馬洋、ホープ北の若が上位
に番付を上げてきた。十両をうかがう地位
だけに注目される。竜電は幕下47枚目まで
番付を下げた。十一月場所は11月14日に始
まる。

選挙番組を1時半まで見ました。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.