大相撲

優勝の分類

大関は横綱に次ぐ地位に見える。それはあく
まで番付上のことで、実績は天と地ほど違う。
大正15年優勝制度がスタートした。それ以来
今年(2021年)の九月場所の横綱照ノ富士の
優勝まで472場所経過した。この間野外興行
が冬の1月はできず、スライドして前年の秋
に開催したことがあった。また思いがけず、
中止が2場所あった。無観客開催もあった。
472場所の優勝を分類してみよう。

<賜杯>

横綱優勝 291場所
大関優勝 112場所(横綱の大関時代の優勝73)
関脇優勝 30場所 (横綱の関脇時代の優勝18)
小結優勝 9場所 (横綱の小結時代の優勝3)
平幕優勝 29場所 (横綱の平幕時代の優勝3)
別席優勝 1場所

別席とは何か。春秋園事件で大量の力士が
離脱したが、まとまって復帰したことがあっ
た。番付に名前がないので、急遽紙を添えて
名前を書き加えたケースである。昭和8年
春場所男女ノ川が別席優勝している。男女ノ
川は横綱玉錦、大関清水川・武蔵山と対戦
している。

<男女ノ川のブロマイド>

優勝は横綱が最も多く62%を占めている。
大関は24%である。大関が横綱に次ぐ地位
というのは番付上のことという意味がおわか
りだろうか。横綱照ノ富士と大関正代及び
貴景勝との差はとてつもなくあるということ
である。年間最多勝は、5場所で照ノ富士が
確定している。

大関の優勝112場所のなかには、横綱の大関
時代の優勝が73場所もある。関脇時代は18
場所ある。横綱の大関以下の優勝を含めると
389場所になる。これに対し大関が関脇以下
の優勝を含めても54場所にすぎない。優勝389
場所と54場所、実に7.2倍である。最高位大関
の優勝は厳しさを増している。

<照ノ富士>

正代が大関止まりと決まったわけではない。
しかし、横綱を思わせる相撲内容や実績は
まだない。貴景勝も同様である。次の横綱
候補はあげるにあげられない状態である。
照ノ富士の一人横綱は当分続きそうである。

横綱は特別な存在である。大関とは存在価値
がはるかに違うことが証明された。十一月
場所、やはり大関は優勝候補にあげにくい。

温かい飲物がおいしい季節になりました。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.