大相撲

すれ違いの優勝争い3

昭和21年秋場所を開催したが、メモリアル
ホール(旧両国国技館)の入りは芳しくなか
った。協会は人気回復のために報道陣に意見
を求めた。彼らはまず、好取組が増える系統
別総あたりの復活を提案した。協会は出羽海
(元両国=前名国岩)取締役と立浪(元緑嶋)
が反対して紛糾した。だが、藤島(元常ノ花)、
伊勢ヶ濱(清瀬川)、力士会が賛成し、よう
やく承諾にいたった。さらに優勝決定戦制度、三
賞制度が導入されることになった。実施は
以下である。

優勝決定戦   昭和22年夏場所から
系統別総あたり 昭和22年秋場所から
三賞      昭和22年秋場所から

なお昭和21年から32年までの、優勝者と次点
力士の直接対決が皆無の場所は以下である。

番付差による対戦なしが実に多い。幕内は
横綱・大関と対戦する圏内とそうでない中位
以下の2部構成であることが起因している。
優勝栃錦、次点千代の山が2度ある。春日野、
出羽海という分家・本家の同系統で対戦が
なかった。

<栃錦のブロマイド>

昭和32年一月場所、横綱千代の山優勝、同
系統栃光、同部屋出羽錦が次点となったが、
3勝差ついていたため逆転はありえなかった。
昭和32年三月場所、優勝朝汐と次点時津山戦
はなかった。だだ、時津山は横綱千代の山・
栃錦だけとは対戦している。いわば部分対戦
はあったのである。

優勝決定戦制度により優勝者と次点力士が
本割での対戦はなくても、優勝決定戦で対戦
するケースが出てきた。

昭和24年夏場所 
○大関増位山 13勝2敗 前17羽島山
昭和30年初場所
○横綱千代の山 12勝3敗 前9時津山
昭和31年初場所
○横綱鏡里 14勝1敗 前10鶴ヶ嶺
昭和31年夏場所
○大関若ノ花 12勝3敗 前9大晃

<増位山のブロマイド>

増位山は元滝ノ川の三保ヶ席部屋に入門した
が、師匠の死去後出羽海部屋に身を寄せて
いたため、羽島山とは同部屋であった。時津
風(元双葉山) 部屋の鏡里と井筒(元先代鶴
ヶ嶺)部屋の鶴ヶ嶺は同系統であった。先代
星甲の井筒死去後、部屋の力士が双葉山相撲
道場に預けられた経緯によるものである。
いずれも上位が勝っている。

優勝者と次点力士の直接対決が皆無のケース
でも次点力士同士は対戦している。

昭和24年春場所 琴錦-國登○
昭和27年夏場所 清水川-大岩山○
昭和32年三月場所時津山-琴ヶ濱○
       ○琴ヶ濱-北ノ洋

昭和28年夏場所、前頭6枚目の時津山が15戦
全勝優勝した。その中身は横綱・大関戦ゼロ。
関脇・小結戦もない。最高位の対戦相手は
前頭筆頭ですべて平幕相手であった。終盤
途中休場後再出場の玉ノ海戦が組まれた。
さらに負けが込んでいる琴錦、琴ヶ濱が14日
目、千秋楽に組まれた。典型的な権威なき
優勝であった。連日上位で戦ってきた大関
吉葉山の14勝1敗が悲劇に襲われる結果に
なった。

<時津山のブロマイド>

同様のことは昭和32年十一月場所でも起こっ
た。前頭14枚目玉乃海が15戦全勝優勝した。
横綱・大関戦はいっさいなし。小結若羽黒戦
が13日目に、関脇時津山戦が14日目に組まれ
た。千秋楽は前頭16枚目7勝7敗の廣瀬川
だった。権威なき優勝はまたも繰り返された。
しかもこれで終わりになったわけではなかっ
た。

<玉乃海のブロマイド>

大相撲は不合理性をかかえたまま年6場所制
へ突入していった。

ブルーレイは4台あり、2台は大相撲専用です。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.