大相撲

白鵬10大記録9 横綱12勝以上

横綱は常に優勝を争うべき立場である。それ
では横綱の責任勝ち星は何勝か。最低12勝で
あろう。大関で何場所11勝を続けても横綱
にはなれない。また、北の富士は横綱で4場
所連続11勝したらイレブン横綱と揶揄された。
15日制が定着したのは昭和24年夏場所からで
ある。それ以降誕生した横綱が対象となる。
横綱の代でいうと千代の山以降となる。

まず、横綱の連続12勝以上からみていこう。
栃錦が7場所連続横綱12勝以上、若乃花が
6場所横綱連続12勝以上を記録した。この
数字を2ケタに更新した横綱が大鵬である。
11場所連続を成し遂げた。大鵬は横綱5場所
目から始まった。これを破った横綱が北の湖
だった。12場所連続横綱12勝以上である。
北の湖の場合横綱14場所目から始まった。

<北の湖>

千代の富士は意外とこの記録には縁がなく、
5場所連続横綱12勝以上が最高記録である。
貴乃花は11場所連続横綱12勝以上と迫ったが、
及ばなかった。

北の湖の記録を大幅に破った横綱が白鵬で
あった。22場所連続横綱12勝以上という途方
もない記録をつくった。横綱7場所目からで、
白鵬23歳から27歳にかけての記録であった。
この記録は10勝5敗でストップしたが、翌
場所から17場所連続横綱12勝以上を記録した
のだから痛恨の10勝5敗であった。その場所
優勝した力士が旭天鵬だった。

<2008年7月から始まった22場所連続横綱12勝以上 
相手は琴欧洲>

それでは横綱12勝以上率はどうか。横綱12勝
以上率=横綱12勝以上の場所数÷横綱在位
場所数×100である。栃錦が50%、若乃花が
52%である。大鵬は一気に6割超えの65.5%
に引き上げた。横綱在位58場所、12勝以上
38場所であった。

<大鵬>

玉の海は横綱12勝以上率90%である。非常に
安定した腰で取る相撲だった。横綱在位は
わずか10場所であった。全盛期途上、現役で
亡くなられたこともあり、参考記録として
記しておく。

北の湖は59%で及ばなかった。千代の富士は
64.4%まで迫った。横綱在位59場所、12勝
以上38場所と大鵬より横綱在位が1場所多か
ったことが数字をわずかに下げた。貴乃花は
長期休場が影響して53%に留まっている。
朝青龍は64.2%までいった。

<2007年9月横綱最初の12勝以上 
相手は千代大海>

晩年休場が多かった白鵬はどうだろうか。
横綱在位84場所、横綱12勝以上が56場所で
横綱12勝以上率は66.7%で大鵬を超えてトッ
プに立った。3分の2が12勝以上という脅威
の結果となった。千代の山以降6割超えは
参考記録玉の海を含め、わずか5人しかいな
い。ここでも白鵬は超人であった。

山手線は連日工事の日です。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.