大相撲

2019年大相撲10大ニュース8位・7位

2019年12月17日

■8位 ベテラン豪風、安美錦、嘉風
相次いで引退

豪風 
一月場所引退。39歳。押尾川襲名。幕下15枚
目格付出でスタートし、十両12場所、幕内
86場所務める。そのうち関脇1場所、小結
2場所在位。三賞は敢闘賞を2回受賞して
いる。幕下は2場所だから98%は関取生活
だった。豪風といえばクイズになるほど一本
背負いを2度幕内で成功させている。最初は
2004年五月場所金開山に、2度目は2017年
一月場所魁聖に決めている。本人は「相手に
後ろをみせているのだから、いい相撲とは
いえない」と謙虚に語っていた。
170115八日目幕内 384
<2017年1月 魁聖に一本背負いを決める豪風>

安美錦
七月場所引退。40歳。安治川襲名。十両21場
所、幕内在位97場所務める。そのうち関脇
6場所、小結9場所在位。三賞は殊勲賞4回、
敢闘賞2回、技能賞6回受賞している。技能
派ではあるが、曲者でもあり、金星が8個
あり、大物食いであることがわかる。得意
四つは右四つだが、寄りは意外と少ない。
前褌を取って頭をつけての出し投げを目指し
た相撲だが、結果的に多彩な決まり手になっ
た。膝のケガに泣かされ、次第に十分な相撲
が取れなくなっていった。
080523十三日目幕内後半 270
<2008年5月 優勝琴欧洲唯一の敗戦
となった安美錦戦>

嘉風
九月場所引退。37歳。中村襲名。十両6場所、
幕内79場所務める。そのうち関脇4場所、
小結4場所在位。三賞は殊勲賞2回、敢闘賞
4回、技能賞4回受賞している。体は大きく
なかっただけに、スピードで取る相撲だった。
2015年九月場所、横綱白鵬から初勝利。のち
2017年十一月場所と翌一月場所、白鵬から
数少ない連勝力士となる。今年の6月から
膝のケガで手術をするも回復せず、やむなく
引退に踏み切った。
150914二日目幕内 779
<2015年9月 嘉風、白鵬から初勝利>

I氏が2位に、HR氏が6位に、A氏が7位
にあげている。

■7位大関降格栃ノ心、貴景勝、高安相次ぐ

三月場所、勝てば大関昇進を決定的にする
関脇貴景勝。カド番大関栃ノ心は7勝7敗。
この両者が千秋楽に激突した。相撲は一方的
になり押しの威力で貴景勝が勝利した。結果
的に大関入れかえ戦となった。
190324千秋楽幕内 1081
<2019年3月 大関を決めた貴景勝、大関陥落と
なった栃ノ心>

翌五月場所、関脇栃ノ心は力強い相撲で復活
するも、大関復帰の10勝目に苦しんでいた。
14日目横綱鶴竜から10勝目をあげ、ようやく
大関復帰を確定した。一方新大関貴景勝は
ケガで途中休場。再出場したものの負けると
再休場という醜態をさらした。

貴景勝は翌場所全休し、大関降格となった。
九月場所は関脇で12勝3敗での復帰を決めた。
復帰大関栃ノ心は七月場所、九月場所と連続
負け越しで再び関脇降格が決定した。そして、
この場所全休した大関高安が、十一月場所
カド番に立たされることになった。

十一月場所、カド番大関高安は、黒星先行の
苦しい戦いが続いていた。そんな時場所入り
したものの、腰痛で立てなくなり、途中休場
せざるを得なくなった。高安は大関の座を
あけわたした。

今年は大関降格がのべ4人と多くを数える
ことになった。

S氏が4位に、I氏が6位に、KW氏が7位
に、T氏・A氏が8位にあげている。

安美錦の引退相撲のチケットが届きました。

興味深いテーマをこれからもお届けします。
マーク2カ所をクリックして支援して
ください。
よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲
-,

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.