大相撲

■福岡13日目 工夫なき取組編成 興行上は冬の時代

2017年11月28日

この日から大関高安が休場した。休場者は
留まることがない域にまで達した。先場所に
引き続き看板に偽りありの場所になった。
横綱・大関リーグ戦は千秋楽結びの一番のみ
という寂しさである。ネットのチケットが
さばけなかったせいか、ところどころ席が
あいている。

高安の休場で白鵬の14日目の対戦相手が気に
なった。ところがなんと遠藤である。隠岐の
海が2敗で追走しているのだから、直接対決
のほうがはるかに盛り上がるはずである。
最近の取組編成はおかしすぎる。
171124十三日目幕内 236
<栃ノ心をくだし2敗を守った隠岐の海>

昭和46年7月から幕内中位以下でも、好成績
者は横綱・大関と対戦させるという規定が
できた。この規定の趣旨は優勝の権威を保つ
ということは言うまでもない。仮に隠岐の海
が優勝したら、白鵬戦・豪栄道戦なしで幕内
中位以下からの勝ち星だけの幕内Bクラスの
成績にすぎなくなる。

幕内最高優勝と最高がつくが、今のままでは
隠岐の海は最高に値しない。これは隠岐の海
の責任ではなく、取組編成がお粗末過ぎる
のである。事件・3横綱1大関をはじめと
する多数の休場者に加え、工夫なき取組と
重なっては興行の上では冬の時代である。
171124十三日目幕内 635
<宝富士専で大きく泳いだ白鵬>

【福岡人間交差点】
関東から来た知人・友人2人と中国地方から
来られた方とでちゃんこ重ノ海で舌鼓。店に
床松さん、さらにしばらくして元高見盛の
振分親方が見えられた。数年前別のちゃんこ
店で安美錦兄弟に遭遇したことがある。ちゃ
んこ店には思わぬ出会いがある(?)。

北勝城さんのお店には今回1回しか
いけませんでした。
興味深いテーマをこれからもお届けます。

マーク2カ所をクリックして支援してください。

よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲
-, ,

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.