大相撲

白鵬10大記録4 連覇

かつて相撲専門誌の展望号には優勝力士一覧
が掲載されていた。それは明治42年夏場所の
国技館開設以降からであった。史実は時事
新報社が幕内最高成績力士の写真額を国技館
に掲げる制度だった。幕内最高成績を争う
下地はなかった。対戦相手が休めば自分も
休み扱いであった。そのため、幕内最高成績
を逃したケースがでてきた。例えば大正11年
夏場所である。

西正横綱栃木山7勝1敗1分1相手休
西張出横綱大錦8勝1敗1分

対戦相手が休場したため番付上位の栃木山が
幕内最高成績を逃している。

<栃木山のブロマイド>

こうした時代を含め、連続幕内最高成績及び
連続優勝は常に「5」という数字がつきまと
っていた。太刀山5場所連続幕内最高成績。
栃木山5場所連続幕内最高成績。栃木山は
初幕内最高成績からの5場所連続であった。
大正15年優勝制度がスタートした。双葉山が
5場所連続優勝した。双葉山の場合、初優勝
からと同時にすべて全勝優勝であった。年2
場所制では5場所連続幕内最高成績及び連続
優勝が最高であった。

年6場所制になって大鵬が2度にわたり6連
覇を達成した。最初は22歳のとき、2度目は
25歳~26歳のときである。優勝回数でいえば
6回目~11回目及び19回目~24回目のときで
ある。成績は83勝7敗及び84勝6敗であった。
NHK相撲解説者の神風さんは大鵬の数ある
功績の中で2度にわたる6連覇を最も評価
していた。

<大鵬>

この大鵬の6連覇を破る力士が現れた。朝青
龍である。24歳~25歳にかけて7連覇を達成
した。優勝9回目~15回目のときである。
成績は97勝8敗であった。1場所約1.1敗で
ある。当時朝青龍は一人横綱で朝青龍に対抗
できる力士がいなかった。

<朝青竜>

朝青龍の記録に並んだのが白鵬であった。
7連覇は25歳から26歳にかけて成し遂げた。
優勝13回目~19回目である。朝青龍引退後の
一人横綱の時であり、63連勝のときでもあっ
た。成績は101勝4敗という驚異的な数字で
ある。この点は朝青龍を超えた。

<2011年1月7連覇途上の白鵬 対豊ノ島戦>

7連覇という記録を破ることは簡単なこと
ではない。今後若くして横綱になった者、
それも独走できるほどの強豪という条件が
つく。白鵬の101勝4敗の7連覇は当分輝き
続けることになる。

九州にとてつもなくビッグな品を送りました。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.