大相撲

2021年十一月場所チケット事情

2021年十一月場所のチケット一般発売の10月
2日から1週間が経過した。大相撲ファン
クラブ会員にはすでに9月13日から先行予約
販売がされていた。当初一般発売は九月場所
七日目の9月18日だった。それが変更になっ
た。ただし、団体の申し込みは九月場所チケ
ット販売中にすでに協会サイトに掲示されて
いたので、十一月場所が福岡で開催される
ことは決定済みだった。幸いここへきて感染
者数が激減して緊急事態宣言が解除されて
いる。

福岡国際センターではコロナ禍で3700人の
人数制限になるという。これまで客席にカメ
ラマン席、消防席、警備席などをつくって
きただけに、通常開催の千秋楽でも7000人
入ったことがなかったと記憶している。半数
ということではないのだろうか。それとも
客席優先なのだろうか。名古屋ではイス席は
かなりカメラマン席とその周辺の席が結構
使用禁止になっていて通常開催の半数でなか
ったのは明確であった。

<十一月場所の案内>

今年(2021年)から座席の種類が変更になった。
旧マスA席→マスS席、マスA席
らくらく2人マスC席→東西限定らくらく1人
マスC席(部分変更)
これまではイスA席、イスB席、イスC席は
正面・向こう正面・東西の各中心部分からA、
両隣のブロックをB、会場の両端部分をCと
してきた。これが次のように変わった。
正面イス席 イスS席
向こう正面イス席 イスA席
東西中央部分イス席 イスB席
東西両端部分イス席 イスC席

チケットは15日間まだ購入できる。マスS席
は15日間完売である。千秋楽は東西限定!
らくらくマスC席が残りわずか。マスC席、
イスA席、イスC席が購入可能である(10月
8日9時現在)。福岡県の人口は千葉県や
埼玉県より少ない。名古屋が平日ガラガラ
だったことを思えば、楽観はできない。地方
場所は経費もかかる。今年納めの十一月場所
は11月14日に始まる。

地震の被害はニュースによると予想以上でした。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.