大相撲

少な過ぎる新入幕力士数

五月場所は三月場所に続いて新入幕力士は
0であった。五月場所の十両番付は7枚目
までは、3枚目の白鷹山を除いて元幕内だら
けであった。十両28人のうち17人が元幕内で
ある。元幕内の十両占有率は約61%である。
3枚目の白鷹山は7勝8敗で負け越し、新入
幕はならなかった。七月場所は宇良、千代ノ
皇、徳勝龍、豊山の再入幕が予想される。
したがって七月場所も新入幕はないと予想
される。

<新入幕翠富士>

今年に入って新入幕は一月場所の翠富士だけ
である。三月場所から七月場所まで3場所
連続新入幕0になると思われる。これは平成
以降では、平成21年九月場所から平成22年
一月場所及び平成27年一月場所から五月場所
の3場所連続新入幕0に続いて3度目のこと
になりそうである。もし、九月場所新入幕0
なら平成以降では新記録になる。

1年間では平成7年に新入幕0が4場所あっ
た。この年の新入幕力士は旭豊、朝乃翔、
土佐ノ海の3人で平成・令和では最低の数字
である。これに続くのが平成6年の濱ノ嶋、
朝乃若、大至、敷島及び平成27年の英乃海、
青狼、大栄翔、御嶽海の新入幕4人である。

<新入幕御嶽海>

逆に新入幕力士が多かったのは平成20年の
栃ノ心はじめ13人である。タイ記録として
平成23年の高安ら13人がある。平成23年は
5場所での数字である。これは八百長嫌疑で
やめさせられた力士を多数出したことが影響
している。蒼国来は裁判で勝って、後に幕内
に復帰している。これに続くのが平成3年の
武蔵丸ら12人である

<新入幕高安>

平成・令和における新入幕力士数は1年6
場所に換算すると約7.7人である。七月場所
新入幕0の予想となると、今年はあと2場所
になる。現時点では新入幕力士が少な過ぎる。
七月場所、十両5枚以内には一山本、白鷹山、
東白龍、貴健斗が来ると予想される。彼らが
幕に上がってくれれば土俵は活気づく。

ディスクを送りました。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.