大相撲

照ノ富士の優勝回数を予想する

「照ノ富士はこの1年間で3回優勝している
んだよ」師匠であり、審判長である元旭富士
の伊勢ヶ濱は口にした。照ノ富士は幕内に
復帰した昨年七月場所から今年(2021年)の
五月場所までの1年間確かに3回優勝して
いる。これは鶴竜・稀勢の里はなしえていな
いことである。師匠の旭富士、理事長の北勝
海もできなかった。照ノ富士の偉業であった。
成績は69勝19敗2休である。

<初優勝 旗手は日馬富士>

序二段からの幕内復帰、そして大関復帰は
第一の奇跡である。横綱に昇進すれば第二の
奇跡である。その照ノ富士は果たして何回
優勝できるのだろうか。幕内復帰後の優勝率
は50%である。これが今後続くとは考えられ
ない。照ノ富士は幕内最強力士である、と
いっても絶対的強者ではない。

<幕内復帰で2回目の優勝>

こうしたタイプ、近年では一時期の曙・朝青
龍がいる。曙は、貴乃花が対抗するまでの
短期間であり、朝青龍はすぐに横綱になり
優勝を独占していく。あまり参考にならない。
古くは群雄割拠の昭和24年から昭和32年まで
の最強は栃錦であった。この時期の栃錦は
初優勝から昭和32年までの優勝率は27%で
ある。現代は群雄割拠というよりどんぐりの
背比べに近いが。

<大関復帰を決めた 3回目の優勝>

照ノ富士は何歳まで現役でいられるだろうか。
日馬富士・鶴竜の最後の優勝は33歳であった。
照ノ富士は両ひざのケガをかかえている。
33歳ジャストまでは21場所ある。優勝率を
27%にするとあと5回から6回優勝できる
ことになる。トータル9回から10回優勝でき
ることになる。

<4回目の優勝 アメリカ合衆国大統領杯授与式>

しかし、そうはいってみたものの、こうした
ことはあくまで机上の計算に過ぎない。計算
外のことが起こりえる。稀勢の里は大ケガで
ついに2回優勝で終わってしまった。まこと
に惜しまれる。千代の富士は36歳直前まで
相撲を取ったが、横綱連続休場は引退した年
の1回きりだった。それが31回優勝につなが
った。照ノ富士は予想をこえるか、予想以下
で終わるか。今後の照ノ富士が回答を出す
ことになる。

東海の方から電話がありました。
興味深いテーマをこれからもお届けします 。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.