大相撲

優勝した場所の前と後の負け越し5

■東富士
・優勝した前場所負け越し7例目
・優勝した翌場所負け越し14・16例目
・優勝した前場所・翌場所負け越し4例目
東富士は全勝優勝、連続優勝がないのが物
足りないといわれてきた。それだけではなか
った。優勝は6回あるが、そのうち前場所
負け越し1回、翌場所負け越し2回、前場所
翌場所両方負け越しが1回と計4回が負け
越しがらみのなかの優勝であった。3回目の
優勝は6勝6敗3休のあとだった。4回目の
優勝の翌場所は7勝4敗4休だった。5回目
の優勝は前場所7勝4敗4休、翌場所は7勝
7敗1休と両方負け越している。6回目の
優勝の翌場所は3勝7敗5休と負け越して
いる。こんな一面も東富士の強さを弱めて
いるのかもしれない。

<東富士のブロマイド>

■時津山
・優勝した前場所負け越し8例目
時津山が優勝したのは昭和28年夏場所、15戦
全勝であった。横綱東富士戦、大関栃錦・
吉葉山戦はなかった。関脇12勝の三根山戦、
関脇朝潮戦もなかった。特に大関吉葉山は
14勝1敗であった。したがって優勝の価値は
低かった。吉葉山と優勝決定戦をやれ、と
いう声があったほどである。翌場所は小結に
あがった。横綱戦1勝1敗、大関戦3敗のなか、
8勝7敗と勝ち越している。時津山が負け
越したのは優勝前場所で6勝9敗だった。
横綱戦2敗、大関戦2敗だった。

<時津山のブロマイド>

■吉葉山
・優勝した翌場所負け越し17例目
昭和29年一月場所、千秋楽を迎え全勝大関
吉葉山、1敗横綱鏡里であった。両雄は千秋
楽優勝をかけて激突することになった。前日
の夜から降り出した雪はやまず、千秋楽は
雪一面のなかで行われることになった。熱狂
的なファンはそれでも駆けつけた。声援は
圧倒的に吉葉山であった。勝負は吉葉山が
途中から左四つ、鏡里に上手を与えない体勢
にもち込んで寄り切った。雪のなかの優勝
パレードでは、吉葉山の頬を伝わるのは涙か
雪かといわれた。場所後吉葉山は横綱に昇進
した。しかし、2月に急性腎臓炎にかかり、
新横綱の場所を全休することになった。

<吉葉山のブロマイド>

■栃錦
・優勝した翌場所負け越し18例目
栃錦は昭和30年夏場所、5回目の優勝を達成
している。横綱3場所目の横綱初優勝であっ
た。栃錦の千秋楽の対戦相手は大関大内山で
あった。優勝が14日目に決まっていたため
緊張感の薄い取組になるかと思ったらとん
でもない激闘になった。

大内山はやつでの葉のような手で猛然と突っ
張ってきた。栃錦のあごに容赦なくヒット
する。栃錦は防戦一方。そのなかから左から
攻めてもろ差しになり、二枚蹴り、下手出し
投げと攻めるが、体が離れると再び大内山の
猛突っ張り。優勝栃錦は千秋楽に敗れるのか。
大内山が右をのぞかせて十分と思ったとき、
栃錦は飛び上がるように大内山の首をつかむ
と一瞬の首投げ。大内山の巨体が弧を描く
ように舞って土俵に沈んだ。この一番は名勝
負中の名勝負として語り継がれている。栃錦
は翌場所4勝3敗8休で負け越している。

<栃錦のブロマイド>

■鏡里
・優勝した翌場所負け越し19例目
鏡里は元鏡岩の粂川の直弟子だった。粂川が
盟友双葉山に弟子も建物も差し出し、時津風
部屋所属となった。大関で初優勝しただけで
横綱に昇進した。この点は鶴竜と一緒である。
鏡里は4回優勝している。最後の優勝は昭和
31年秋場所、14勝1敗であった。しかし、
翌場所3勝5敗7休で負け越している。5場
所後に朝日新聞の記者に言質をとられ引退
している。9勝6敗だったが、本人は、本当
はまだやめたくなかった。入れかわるように
若乃花が横綱に昇進した。

<鏡里のブロマイド>

(この項目続く)

ニュースをよく見ます。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.