大相撲

マイナスポイントが目立つ両横綱

ここ3場所横綱の土俵入りは見られなかった。
2横綱の休場が続いたからである。三月場所、
鶴竜が出場の意向を固めた。だがファンの間
では最後まで取れるかというと、かなり懐疑
的である。そのため、早い段階で、生で見て
おこうという動きがある。鶴竜には様々な
マイナスポイントがある。35歳半を越えた
年齢。4場所連続休場後であること。鶴竜は
強い横綱というというよりうまい横綱である
点。稽古二十分とはいえないことも加わる。

横綱なら綱の責任とか綱の重みが問われて
くる。しかし、この期に及んで鶴竜にそう
したことを求めても意味はない。鶴竜が出場
したのは昨年(2020年)の七月場所初日で
ある。遠藤を相手に腰くだけで負けている。
気になる負け方である。大鵬は引退した場所
の初日、栃富士相手に攻め込んでいるうちに
腰から落ちている。そして貴ノ花に負けて
引退を決意している。

<腰くだけで負けた鶴竜>

鶴竜はあたって砕けるかもしれない。稀勢の
里はケガで休場が続いた。結局どうにも勝て
なくなり、玉砕した。最後は不戦敗を入れて
3場所に渡って10連敗した。最後の勝利は
鶴竜であったというのは皮肉である。

白鵬は合同稽古の途中から参加したようだが、
不安は残る。まだ出場か否かはっきりして
いない。だが、休場なら即引退の覚悟が必要
である。いたずらに延命をはかるべきでは
ない。三月場所は幕内100場所目というが、
その間全休7場所、途中休場が8場所ある。
かなり割り引いて見なければならない。

<2020年7月大栄翔に敗れた白鵬>

白鵬もマイナスポイントは鶴竜と似たような
ものである。3月11日に36歳になること。
4場所連続休場中であること。白鵬の相撲に
粘りが薄れていること。連敗しても気持ちを
切らさずに勝ち進む白鵬を想像しにくい。
稽古二十分とはいえないこと。大鵬を越える
実績を誇る白鵬だけに晩節を汚さないことを
望む。

高校野球は1万人の観客を入れるとのことです。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.