大相撲

今年(2020年)1年ご愛読ありがとうございました

懸命な読者の皆様、今年1年ご愛読いただき
誠にありがとうございました。今年もラン
キング上位を獲得できましたのもご愛読いた
だいた皆様のおかげです。

今年は2月に既成のブログを脱してオリジナル
のブログへと移転しました。これによって
検索機能が設定され、テーマごとに検出でき
るようになりました。照ノ富士と入れますと
照ノ 富士の記事が検出されます。また、年月
ごとの検出も可能になりました。これは優秀
なブレーンに恵まれた賜です。

<ブログの検索機能>

そのせいもあってページビューの数字アップ
はある程度時間が経過テーマになる傾向が
あります。12月は数字的にはまだまだです。
そこで各月の最大ページビューのテーマを
あげておきます。

1月 大栄翔の小結までの出世街道
2月 朝乃山の相撲内容を採点する1
3月 ■春14日目 微妙な流れになった朝乃
山の大関昇進
4月 歴史的瞬間!連勝ストップ2
5月 悲劇に包まれた相撲界
6月 20歳以下の新入幕力士9
7月 ■七月5日目 極端過ぎる取組編成
8月 2020年!3場所経過した年間最多勝
レース
9月 ■九月13日目 決戦を斬る
10月 2020年!4場所経過した年間最多勝
レース
11月 ■十一月5日目 北の富士さんの戒め
12月 2020年12月幕下のホープ2

補足しますと歴史的瞬間!連勝ストップ2は
双葉山です。悲劇に包まれた相撲界は勝武士
が新型コロナウイルス感染で帰らぬ人になっ
たことです。20歳以下の新入幕力士9は北天
佑、保志(北勝海)、大乃国などを取り上げ
ました。■九月13日目 決戦を斬るは2敗
正代と3敗朝乃山戦を分析しました。2020年
12月幕下のホープ2は栃神山、吉井、北天海
などをピックアップしています。

<3場所経過した年間最多勝>

このなかで2020年、最大のページビューを
あげたのは8月の2020年!3場所経過した
年間最多勝レースでした。年間最多勝レース
に関しましては常に対大関戦、対横綱戦、
横綱・大関対戦率を入れています。幕内は
横綱・大関と対戦するクラスとそうでない
クラスの2部構成です。それを単純に数字で
比較すると見誤ることになります。

<視点を学んだ杉山桂四郎氏の記事>

土俵の目撃者は先人の影響を受けています。
相撲の視点、問題点を探る、土俵の心、相撲
の真髄を教示してくれた先人のおかげです。
その姿勢は変わりません。変わらぬご支援を
引き続き賜りますよう御願申しあげます。
今年1年本当にありがとうございました。

よいお年を。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.