大相撲

2021年はどうなる!赤字

日本相撲協会の2020年度の赤字は55億円なる
見通しだという。年度というからには2020年
4月から2021年3月までである。無観客開催
となった2020年三月場所は入っていないわけ
である。その原因はいうまでもなく、新型
コロナウイルスの影響である。五月場所は
中止になった。七月場所・九月場所は2500人、
十一月場所は5000人の入場制限をした。

筆者は七月場所から十一月場所まで観戦した
が、入場制限をしているにも関らず、けっ
こう空席が目立った。掛け値なしにはいった
のは14日目、千秋楽である。巡業は中止に
なった。その結果が55億円の赤字の見通しで
ある。

しかもここへきて東京の感染者数は1300人を
越えるという異常事態である。さらに感染率
が1.7倍という変異種が出回りだしたという。
ワクチンは3月ごろから始まるといわれて
いるが、国民の3分の2まで行き渡るのは
2022年までかかりそうである。つまり相撲
協会にとって赤字の解消はすぐにやってくる
要素が少ないわけである。

相撲協会の赤字がそのまま次年度に積み重な
っていっては拡大するばかりである。世間
一般ではコロナ禍で職や住む所を失っている
人が増えつつある。相撲協会の体力がどこ
までもつのか。存亡に関ってくることはない
のか。場合によっては人件費に手をつける
などの対策に講じるのか。難しい舵取りに
なりそうである。

謹賀新年。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.