大相撲

新大関正代15番勝負 西方編

新大関正代のデビュー戦となる十一月場所が
迫ってきた。今度は正代をみる周囲の目が
違ってくる。それに対し、正代はどういう
相撲を取るのか。正代の15番を検証してみた。
15人は番付上東4枚目北勝富士までだが、
上位に休場が出る恐れがあり、西4枚目翔猿
まで含めることにした。まず番付の西方から
見ていく。対戦成績、ここ6場所の星は正代
からみたものである。

1(……………○)0翔猿
先場所翔猿は新入幕ながら千秋楽に優勝を
かけて対戦した。正代は緊張したのか土俵際
まで攻められたり、揺さぶりをかけられたり
してかなり危なかった。優勝への思いから、
しぶとく残り逆転勝ちをした。今度はその
再現はなさそうである。正代はあわてさえ
しなければ地力勝ちできる。

<翔猿戦>

4(………●○●)5隠岐の海
優勝した先場所、豪快に負けているのが隠岐
の海戦である。それだけに油断はできない。
要注意の対戦相手である。正代はまわしを
ひきつけて、相手の腰を封じて攻めることで
ある。

<隠岐の海戦>

4(……○●●○)5大栄翔
突き押しで攻めてくる大栄翔はやっかいな
相手である。先場所は片足1本で残して取り
直しにもちこんでいる。正代は立ち合い鋭く
立ち、まわしをつかむことである。輪島なら
前褌を素早く取るところである。または、
大栄翔の突きをあてがいしのいでつかまえる
ことである。

<大栄翔戦>

0(初顔合わせ)0若隆景
上位初挑戦の若隆景であるが、まだ正代を
脅かす要素は少ない。正代は落ち着いて取る
ことである。

9(……○○…○)8小結高安
地位も地力も完全に立場は入れ代わっている。
目下正代の5連勝中である。高安はあたり
勝っての突き落とし。あるいは正代の上体を
おこすことである。組めば高安に勝ち目は
ない。

2(…○…●●○)2関脇隆の勝
ぐんぐん力をつけてきた隆の勝は難敵である。
立ち合いの強いあたりからの攻めをいかに
封じるか。鋭く立ってまわしを取りたい
ところである。この勝負、立ち合いがカギに
なる。

<隆の勝戦>

4(…○○●●○)4大関朝乃山
先場所、正代が最も強さを発揮したのが朝乃
山戦である。朝乃山を圧倒し、粉砕し完勝
だった。正代の強さをまざまざとみせられた。
朝乃山はリベンジしたいところである。右と
左、前への圧力の勝負になる。

<朝乃山戦>

0(………●……)13横綱鶴竜
一門の連合稽古で手をあわせてきたせいか、
正代は1勝もできずにいる。しかし、鶴竜の
休場でここ6場所は1度しか対戦がない。
十一月場所実現するかどうか微妙である。
実現した場合、鶴竜の稽古量から今度は正代
が勝つ可能性がある。

(この項目続く)

荷物を九州に送りました。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.