大相撲

勝ち越して休場した大関1

2020年8月10日

七月場所、大関貴景勝は休場した。大関在位
6場所で3度目の休場である。ただ、8勝
4敗3休と既に勝ち越して、カド番を脱出
しての休場であった。勝ち越ししながら、
休場した大関は珍しいが、これまでいない
わけではない。どんな大関がいるのか、改め
て調べてみた。大関降格規定は以下である。

<貴景勝>

昭和2年~32年11月  2場所連続負け越し
昭和33年1月~44年5月 3場所連続負け越し
昭和44年7月~現在  2場所連続負け越し

そのため昭和以降に誕生した大関を対象とした。

初めて勝ち越しながら休場した大関は初代
若ノ花である。昭和31年秋場所のことであっ
た。若ノ花の場合12勝2不戦敗1休であって、
勝ち越しどころか優勝を目指す存在であった。
先場所の夏場所、大関で初優勝を達成した
若ノ花は秋場所優勝候補の筆頭であった。
横綱は4人いたが、夏場所吉葉山8勝7敗、
栃錦途中休場、鏡里9勝6敗、千代の山11勝
4敗であった。

<若ノ花のブロマイド>

巡業を終え、9月4日に帰京した若ノ花は
誰の目にも強くなっていた。翌9月5日、
悲劇は起きた。若ノ花の長男勝雄君がちゃん
こ鍋をひっくり返し、大やけどをおって亡く
なってしまったのだ。5歳であった。若ノ花
は憔悴し、魂が抜けたようであった。場所は
9月13日から始まるのに務まるのか。休場
したほうがいいのでは。という声をよそに
若ノ花は出場に踏み切った

若ノ花は数珠を身につけていた。その数珠
には亡き勝雄君の名前が刻まれていた。土俵
以外ではこの数珠を身につけていた。ひと
たび土俵に上がると鬼神の如き相撲ぶりで
あった。その姿は悲しみを超越し、土俵に
これ以上にないほど集中していた。相手は
ふるえあがった。この場所、若ノ花はついに
初日から12連勝をあげた。

<若ノ花のブロマイド>

ところがまたしても若ノ花を非運が襲った。
12日目の相撲の後、高熱を発し緊急入院した。
熱は下がらず、13日目の鏡里戦は不戦敗。
14日目は休場。ところが14日目の夕方から
熱が下がり、千秋楽は栃錦戦が組まれた。
しかし、再び発熱し、千秋楽はまたも不戦敗
となった。

こうして大関若ノ花は12勝をあげながら、
悲劇の休場となった。

(この項目続く)

式秀部屋の脱走力士9人とおかみさんは
わだかまりなく生活できるのだろうか。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.