大相撲

関脇以下の2回優勝力士1

七月場所は幕尻の照ノ富士が約5年ぶり2回
目の優勝を成し遂げた。最初の優勝は関脇の
ときで両方とも関脇以下での優勝である。
大関のときは優勝同点が2回あるが、惜しく
も優勝決定戦で敗退している。照ノ富士の
ようにこれまで関脇以下で2回優勝した力士
は、どのくらいいるのだろうか。協会認定の
優勝制度、大正15年以降を対象とした。

< 照ノ富士 、関脇以下で2回目の優勝>

最初の関脇以下2回通勝者は男女ノ川である。
男女ノ川は昭和7年1月におきた春秋園事件
で協会を脱退している。昭和8年春場所復帰
したものの、番付に名前がなく、別席として
加わった。11戦全勝で初優勝した。別席と
いっても横綱玉錦、大関清水川、大関武蔵山、
関脇沖ツ海と対戦している。

<男女ノ川のブロマイド>

2回目は2場所後(1年後)関脇のときで
ある。9勝2敗で大関昇進を決めている。
このとき横綱玉錦は全休だった。男女ノ川は
このあと大関、横綱に昇進するが、ついに
1回も優勝できなかった。時代は玉錦、そし
てやがて双葉山に移り、男女ノ川に栄光が
めぐってくることはついになかった。

2人目が4代目朝である。昭和31年春場所
12勝3敗で初優勝している。その前後の成績
は以下で大関昇進につながらなかった。
小結 9勝6敗
関脇 9勝6敗
関脇 12勝3敗優勝
関脇 8勝7敗
関脇 8勝7敗

<朝汐のブロマイド>

ところがこの後昭和32年三月場所、2回目の
優勝を達成した。その直前の成績は必ずしも
よくないが、大関に昇進した。なお、2回目
の優勝では関脇にも関らず、三賞の受賞は
なかった。現代なら考えられない。
関脇 8勝7敗
関脇 13勝2敗優勝

その後大関で2回、横綱で1回優勝している。
5階優勝のうち4回は大阪で優勝している
ので大阪太郎と呼ばれた。

3人目は佐田の山である。入幕3場所目の
昭和36年五月場所、12勝3敗で初優勝した。
この場所横綱・大関は総崩れで、最高が大関
大鵬と関脇北葉山の11勝4敗だった。佐田の
山は前頭13枚目で横綱・大関戦はない。それ
どころか十両優勝の清ノ森に負けている。
幕内優勝力士は十両優勝力士より弱いと言わ
れた。

<佐田の山>

佐田の山2回目の優勝は昭和37年関脇のとき
であった。当時大鵬は横綱3場所目で4連覇
中であった。関脇佐田の山は優勝決定戦の
すえ横綱大鵬に勝っての堂々たる優勝だった。
佐田の山は場所後大関に昇進した。大関で1回、
横綱で3回優勝している。対戦成績はともかく
大鵬戦は熱戦が多かった。

(この項目続く)

星取り表を申し込みました。
興味深いテーマをこれからもお届けします。
イラストとマークの2カ所をクリックして支援してください。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.