大相撲

現代大相撲事情

大相撲が学生と外国人が占めるようになっ
て久しい。豊山(前名内田)が登場したとき
は、学生出身は豊國くらいだった。ハワイ
出身の高見山が入幕したのは、昭和43年一月
場所だった。次に入幕した外国出身力士は、
小錦で約6年半後だった。いまや大相撲の
地図は様変わりしてしまった。

<高見山>

幕内の学生出身力士は以下14人である。
大関朝乃山(近畿大)
関脇正代(東京農業大)
関脇御嶽海(東洋大)
遠藤(日本大)
豊山=前名小柳(東京農業大)
宝富士( 近畿大 )
北勝富士(日本体育大)
炎鵬(金沢学院大)
徳勝龍(近畿大)
石浦(日本大)
千代大龍( 日本体育大)
妙義龍(日本体育大)
志摩ノ海(近畿大)
松鳳山(駒沢大)

外国出身幕内力士は以下8人である。
横綱白鵬(モンゴル)
横綱鶴竜(モンゴル)
霧馬山(モンゴル)
碧山(ブルガリア)
玉鷲(モンゴル)
魁聖(ブラジル)
栃ノ心(ジョージア)
照ノ冨士(モンゴル)

<朝乃山初優勝>

幕内は42人であるから学生出身、外国出身で
52%を占めていることになる。かたくなに
学生と外国人は入門させなかった部屋があっ
たが、現代は重要な戦力となっているのは、
間違いない。

幕内力士の部屋勢力分布は以下である。
・宮城野(元竹葉山)
横綱白鵬
炎鵬
石浦
・佐渡ヶ嶽(元琴ノ若)
琴ノ若
琴奨菊
琴勝峰
琴恵光
琴勇輝
・伊勢ヶ濱(元旭冨士)
宝富士
照強
照ノ冨士

<白鵬を育てた宮城野>

伊勢ヶ濱部屋は日馬富士、安美錦が土俵を
去って寂しくなったが、ここにきて盛り返し
ている。かつては弟子育成の手腕を認められ、
協会の理事についたモノである。現代はそれ
からかけ離れてしまっている。関取が一人も
いなくても理事についている。どちらが健全
か、言うまでもあるまい。

幕内力士の6月30日時点の年齢番付は以下である。

20歳から24歳が5人、25歳から29歳が19人、
30歳以上が18人である。両横綱は白鵬が35歳、
鶴竜も8月に35歳と晩年に入っている。朝乃
山は26歳である。横綱は短期決戦になる。
期待のホープは琴勝峰、琴ノ若、霧馬山の
3力士である。

<消えた名古屋場所>

現代大相撲の最大の悩みは新型コロナウイ
ルスにより観客入場ができないことである。
観客がいなくては興行収入に大きな支障が
出る。これが長期化するとかなりピンチで
ある。無観客でできる限度は1年という話を
聞かされたことがある。真偽は不明だが、
いつまでも続かないことは想像できる。観客
を3分の1にしても厳しいかもしれない。
まだ九月場所、十一月場所に関しては何も
発表されていない。大相撲の危機は続く。

豪栄道の引退相撲が来年の6月になるようです。
興味深いテーマをこれからもお届けします。
イラストとマークの2カ所をクリックして支援してください。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.