大相撲

高砂の系統7

引き続き3代高砂(元2代朝潮)の下で分家
独立した部屋をみていこう。

昭和4年3月場所で引退した阿久津川(最高
位前頭筆頭)が引退し、佐渡ヶ嶽部屋をおこ
した。現役のときから内弟子として育てた
力士に男女ノ川がいたが、なかなか移籍でき
なかった。男女ノ川は昭和4年夏場所から
朝潮と名のった。

<阿久津川のブロマイド>

その朝潮は昭和7年1月の春秋園事件で脱退
した。3代高砂は激怒し、朝潮の名を剥奪
した。昭和8年春場所、男女ノ川は別席で
復帰した。その場所佐渡ヶ嶽部屋所属として
優勝している。その後佐渡ヶ嶽(元阿久津川)
は男女ノ川を横綱にまで育て、理事を務めた。
昭和29年1月協会を退職した。56歳であった。

昭和6年、元小結若湊が独立し、 富士ヶ根
部屋を創設した。富士ヶ嶽を育てるも、昭和
25年11月、58歳で死去した。部屋は弟子の
若港(前名富士ヶ嶽)が二枚鑑札で継いだ。
弟子に東富士がおり、大関まで育てた。
昭和22年6月で 富士ヶ根部屋を閉鎖し、弟子
とともに4代高砂(前田山、二枚鑑札)部屋
に移籍した。自身はその後再び部屋をもつも
すぐ消滅。時津風(元双葉山)部屋に転属
して定年まで務めた。

<若港、富士ヶ嶽時代のブロマイド>

昭和14年夏場所引退した関脇高登は大山部屋
を創設した。東京空襲で部屋を焼失し、妻子
と弟子2人を失いながら、それを乗り越えて
大関松登を育てた。昭和36年12月、新しく
部屋を建てたが、翌年1月心臓麻痺で急逝
した。部屋開きからわずか2週間後のことで
あった。53歳だった。

<高登のブロマイド>

元松登の振分親方が亡くなられた先代のあと、
部屋を継いで大山となった。少ない力士の
なかから大飛が育った。昭和61年4月に大山
(元松登)が死去したため、元大飛の山響が
大山を襲名して部屋を継承した。しかし、
土俵のない部屋は認められなくなっており、
部屋運営の困難から5月に閉鎖した。弟子は
5代高砂(元横綱朝潮)に託された。大山
(元大飛)は東関(元高見山)に移籍し、
八角(元北勝海)部屋へと再移籍した。

<松登のブロマイド>
<大山親方(元大飛)>

高砂が交代することになった。昭和16年
12月、3代高砂(元2代朝潮)は62歳で隠居
し、翌年1月前田山が現役と親方の二枚鑑札
の形で4代高砂となってスタートした。

(この項目続く)

今年半分経過しました。。
興味深いテーマをこれからもお届けします。
イラストとマークの2カ所をクリックして支援してください。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.