大相撲

不毛の時代が続く大相撲

一月場所の徳勝龍の幕尻優勝は、史上最大の
下克上と呼ばれた。同時にこの場所は白鵬、
鶴竜の両横綱の衰退が顕著になった場所でも
あった。誰が優勝するかわからない。誰が
優勝しても不思議でない。そんな優勝力士
予測不能の時代に入って久しいが、徳勝龍の
優勝は驚きをもって捉えられた。

優勝力士予測不能時代はいつから始まった
とみるべきか。2018年の栃ノ心の平幕優勝
からと見る。この間13場所、横綱が6回、
大関が0回、関脇小結が4回、平幕が3回
優勝している。一見、横綱が6回とトップで
あるが、13場所の半分以下である。休場も
多い。13場所間に白鵬は8回、鶴竜は6回
休場している。鶴竜は3場所連続休場中で
ある。今年両横綱は35歳を迎える。そう大き
な期待はもてなくなってきている。

<休場が多い白鵬>

それにしても関脇・小結が4回、平幕が3回
優勝しているのに、大関が0とはひどすぎる。
白鵬・鶴竜がそろって休場した場所が5場所
あっても大関は優勝できない。大関ってそん
なに頼りない存在だったのか、と思わずに
いられない。その大関も三月場所は貴景勝
一人になる。その貴景勝は優勝徳勝龍、次点
正代と平幕に連敗する結果で終わっている。

<正代に敗れた貴景勝>

大正15年、優勝制度ができてから平幕優勝
力士は27人いる。翌場所の成績は、脱退した
綾桜と未知数の徳勝龍を別にすると、154勝
205敗である。勝率は4割である。貴花田も
翌場所は5勝10敗と大敗している。平幕優勝
は翌場所の成績が芳しくないケースが多い 。
誰が優勝するかわからないだけでなく、
平幕優勝の翌場所は期待できない傾向がある
のだ。

<輪島(左)と北の湖>

昭和47年の一月場所から七月場所までは、
誰が優勝するかわからない時代であった。
それが、短期ながら横綱北の富士、大関琴櫻
がつなぎ、輪島そして北の湖の時代が開花
した。次のヒーローは控えていたわけである。
現代大相撲にはそれがない。不毛の時代は
続きそうである。

炬燵から離れられません。
興味深いテーマをこれからもお届けします。
イラストとマークの2カ所をクリックして支援してください。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.