大相撲

■福岡8日目 場所の崩壊?

2019年11月17日

場所入りして土俵入りまでした高安が、後半
戦において突如休場を表明したのには驚か
された。どうも腰痛で歩けないとのことで
ある。極めて珍しい考えられないケースで
ある。高安は今場所カド番であり、これで
3勝5敗となった。明日9日目の取組はない。
高安の休場で十両以上の休場者は8人目に
なった。これだけ大量の休場者を出しては
場所は盛り下がる一方である。

高安の再出場の可能性は残っているが、その
場合、果たして最後まで戦えるのか。負け
たり、勝ち越すのは相当至難となったりした
とき、再休場ではあまりにも中途半端であり、
惨め過ぎる。大関貴景勝が再出場し、碧山に
負けると翌日から再休場したことがあった。
あの1日だけ出場の愚かしさを繰り返し見た
くはない。

場所は1敗の白鵬が繰り上がり対戦者の玉鷲
を組み止め、一気に寄った。2敗朝乃山も
阿炎に対して前に出て圧倒した。三役以上の
優勝圏内は現時点で2人だけである。ところ
が白鵬対朝乃山戦はすでに済んでいるのだか
ら、後半盛り上がりようがない。平幕下位に
輝が2敗でいるが、今年はこれまで1度も
横綱・大関戦がない。要するに幕内中位以下
に低迷している存在になってしまっている。

先場所は12勝3敗の優勝だった。この上今場
所の優勝ラインが下がったら、いよいよどう
しようもない場所になってしまう。白鵬が
かろうじて踏ん張っているが、どこまで維持
できるのか。白鵬にとって、突き押しのパワ
ー相撲はやはり危険である。優勝ラインは
白鵬次第といささか心もとない中で、場所は
後半戦を迎える。

【大相撲写真館】
140211福祉大相撲 223

13日目のBS放送は102の予定です。

興味深いテーマをこれからもお届けします。
マーク2カ所をクリックして支援して
ください。
よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲
-

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.