大相撲

■福岡9日目 白鵬と朝乃山の優勝争いはどこまで続く

2019年11月18日

2横綱3大関がたちまち1横綱1大関へと
激変した十一月場所。取組的には貴景勝対
北勝富士が今日の好取組である。貴景勝は
北勝富士に対し激しく突き押し、ときには
ゆさぶり、最後は突き落としで決めた。北勝
富士は東土俵下までころがり落ちた。一時
気力を欠いていた貴景勝は少し遅すぎたが、
復活してきた。

2敗朝乃山は好調である。大栄翔の押しを
ものともせずに、もちこたえ、重心が前に
かかった大栄翔をはたき落とした。朝乃山の
大関は近いと見る方がいる。だが、いいとき
は誰でもよく見えるものである。朝乃山は
未知数である。大関は今後も2ケタ勝ち続け
られるだけの力をよく見極めてからの話で
ある。

白鵬の対戦相手は繰り上げ対戦者琴勇輝で
ある。横綱戦は2016年七月場所以来である。
この間琴勇輝は十両落ちが4回ある。取組
としての関心は正直薄い。看板力士の休場は
こんなところにも影響してくる。相撲は、
白鵬が突進してくる琴勇輝を引き落として
短時間で終わった。

白鵬の主な今後の対戦相手は貴景勝、御嶽海、
阿炎、遠藤。朝乃山の今後の主な対戦相手は
御嶽海、明生である。カギを握るのは御嶽海
か。その御嶽海は10勝を目指すというが、
残りを5勝1敗というハイペースが要求され
る。今場所も平幕に3敗。大栄翔、隠岐の海、
宝富士に負けている。仮に10勝をあげても、
大関を目指す内容ではない。

今場所の焦点はぼやけ、カド番と大関降格が
明確になった。それだけではない。休場の
多さは上位同士の取組を消滅し、繰上げ対戦
という力が入らない取組を増加させた。せめ
て白鵬と朝乃山が優勝を争うしか見所はなく
なった。だが、それは最後まで続く保証は
ない。

【大相撲写真館】
190202貴ノ岩引退相撲 047
<写真提供X氏>

こたつを設置しました。

興味深いテーマをこれからもお届けします。
マーク2カ所をクリックして支援して
ください。
よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲
-

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.