大相撲

かつてあった6大関時代

2019年8月2日

5大関でも多いのに、大相撲史上6大関が
誕生した時期がある。平成24年五月場所から
3場所である。その前場所の三月場所は把瑠
都、日馬富士、稀勢の里、琴奨菊、琴欧洲の
5大関だった。この場所、優勝決定戦で白鵬
に敗れたとはいえ、13勝2敗の関脇鶴竜の
大関昇進は決定的であった。鶴竜の大関昇進
で五月場所は6大関という前例のない番付に
なった。
20120506夏初日十両 521
<6大関となった初日の挨拶>

これを豪華と受け止めることはとてもでき
ない。むしろ過剰、存在価値の低下という
声のほうが多数ではないだろうか。多くの
大関が本当に優勝を争う大関の力をもって
いるならともかく、昇進した途端1ケタ勝ち
星が多い、という傾向はいつの時代も変わら
ない。

事実琴欧洲、日馬富士、把瑠都、琴奨菊、
稀勢の里の5大関時代は2場所あり、2場所
とも10勝以上した大関は日馬富士と把瑠都
のみであった。これに鶴竜が加わった6大関
時代は平成24年五月場所、トータル54勝で
スタートした。2ケタ勝利は稀勢の里の11勝
と琴奨菊の10勝であった。この場所史上初の
平幕同士の優勝決定戦が実現し、旭天鵬が
栃煌山に勝って初優勝を飾った。
20120722千秋楽幕内 1207
<全勝対決を制した日馬富士>

七月場所は大関日馬富士が全勝優勝した。
白鵬と千秋楽14勝同士で激突しての優勝だっ
た。この場所6大関のトータルは61勝と好成
績となった。もっとも2ケタ以上は優勝日馬
富士と10勝の稀勢の里・琴奨菊の3人であっ
た。日馬富士一人が数字を押し上げた、と
いえる。

続く九月場所も引き続き日馬富士が全勝優勝
し、横綱昇進を決定的にした。この場所琴奨
菊・把瑠都・琴欧洲の3大関が途中休場し、
大関は半減した。それでも3人はフル出場に
なるのだから、数の攻勢といえなくもない。
日馬富士が横綱になって大関は一人減ること
になった。こうして6大関時代は3場所で
消滅することになった。
20120928日馬でず入り 090
<横綱に昇進した日馬富士>

汗が止まりません。

興味深いテーマをこれからもお届けします。
マーク2カ所をクリックして支援して
ください。
よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑ 


当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲
-

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.