大相撲

令和元年五月場所チケット事情

2019年4月6日

令和最初の場所の大相撲のチケットが発売
された。大相撲過熱人気は続いている。コン
ビニにおける土日のチケットは、発券機に
明示されることなく完売されることは珍しく
なかった。それは7日目、8日目も例外では
なかった。

千秋楽を第一に狙っていた方は千秋楽のチケ
ットでおしまいになった。14日目、7日目を
かろうじて希望しない席で一部購入できた
だけで、ほとんどの方は何もできないうちに
土日は瞬時に完売していた。

先行予約が当選した方は14日目正面席が当選
した。この方はいくつかある先行予約をすべ
て14日目に集約した。その成果が出たと言え
る。

平日も激しい争奪戦になった。2日目、11日
目が購入できなかった方が出た。また、平日
を購入できたものの希望の席と間逆の席と
いう方が2人出た。平日も簡単でないことが
伝わってくる。
五月場所
<五月場所の案内>

ただ、過熱の裏にはネットダフ屋の存在が
いつもある。しかし、チケットの規制が昨年
12月に成立し、今年の6月から施行される
のである。この背景には来年のオリンピック・
パラリンピックがある。そこでネットをはじ
め高額転売のあらゆるダフ行為を正面から
全国的に取り締まることになった。

規制対象となるのはスポーツ、音楽、演劇、
演芸、映画、舞踏などの芸術や芸能である。
不特定多数が見たり、聴いたりする興行で
ある。事務手数料や交通費などがかかって
いても定価より1円でも価格が上まわったら
アウトである。罰則もある。譲ったほうも
買ったほうも1年以下の懲役か100万円以下の
罰金である。

ある弁護士が激しく言った。「知らないでは
済まされない!」

アニメめぞん一刻をようやく見終えました。

興味深いテーマをこれからもお届けします。
マーク2カ所をクリックして支援して
ください。
よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑ 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲
-

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.