大相撲

関脇・小結の連続在位場所数3

2018年11月8日

8場所以上の関脇・小結に連続在位した力士
はいよいよ最終章の平成編をむかえた。下記
表は一段目二段目(及び三段目)の順で見て
いただきたい。
平成A
武蔵丸は平成4年五月場所から連続11場所
関脇・小結に在位した。この記録は武蔵丸が
入幕4場所目からスタートしている。恐る
べき早さと強さとしかいかいいようがない。
中身がまたすごい。すべて勝ち越している
のだ。これは大麒麟以来の記録である。武蔵
丸は大関に昇進して記録は11場所連続でスト
ップすることになった。
武
<武蔵丸>

昭和36年五月場所、北葉山がつくった12場所
連続関脇・小結在位記録は実に約33年半を
経て魁皇によって破られた。魁皇が13場所
連続関脇・小結在位の新記録を達成したのは
平成5年十一月場所のことであった。魁皇は
さらに記録を1場所加え、最終的に14場連続
まで伸ばした。
06春 187
<魁皇>

魁皇は大関になった力士だが、この記録は
大関に直結したものではなかった。それどこ
ろか記録がスタートした平成6年十一月場所
は、魁皇の入幕6場所目であった。それで
いて2ケタ5場所、三賞を7場所受賞して
いる。魁皇は9場所連続関脇・小結連続在位
記録ももっている。この部門では大変な記録
保持者であることがわかる。

平成17年一月場所でとてつもない大記録が
誕生した。若の里が19場所連続関脇・小結に
連在位したのである。実に3年以上に渡って
の達成であった。小結5場所、関脇14場所
在位した。これは今後そう簡単に破られない
大記録となるのは間違いない。若の里はこの
点に関してビッグ1であった。
06夏八日目十両三番前-幕内 074
<若の里>

魁皇の記録に琴光喜が並んだ。琴光喜は
6場所連続の記録のあと1場所平幕を経て
14場所連続を成し遂げている。3年半に
あたる21場所中20場所関脇・小結に在位
していたという、途方もない実力者であった
といえる。
070721幕内 579
<琴光喜>

さらに豪栄道が14場所連続関脇・小結の在位
タイ記録を達成した。豪栄道には関脇で7勝
8敗ながら翌場所関脇というめったにない
ケースを経験している。その結果すべて関脇
という記録をうちたてている。また、2ケタ
勝利が5度ある。
160724千秋楽幕内表彰 388
<豪栄道>

平成にはいって、北葉山の記録は一挙に4力
士に更新されたことになる。ほかに特筆すべ
きは11場所連続関脇・小結の在位記録の安馬
(日馬富士)である。安馬(日馬富士)が
7場所三賞を受賞していることをあげておく。

現在11場所連続を継続中の御嶽海は記録を
どこまで伸ばすか。御嶽海の新たな注目点
として観戦するのも大相撲の楽しみ方の
1つである。
白鵬伝を読んでいます。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

マーク2カ所をクリックして支援して
ください。

よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑  

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲
-,

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.