大相撲

H30年十一月場所横綱・大関に挑む12人のサムライ

2018年11月9日

挑まれる横綱・大関サイドは白鵬、鶴竜の
2横綱休場、挑むサイドは小結魁聖休場で
なんとも寂しいスタートとなる。横綱・大関
に挑む12人のサムライのここ1年間の上位の
成績が以下である。
横綱大関に挑むA
九月場所に引き続き横綱・大関と対戦する
のは関脇御嶽海、関脇逸ノ城、小結貴景勝、
玉鷲、正代、千代大龍の5力士である。11場
所連続関脇・小結に在位している御嶽海は、
関脇以下最強である。この1年間で横綱には
1勝6敗だが、十一月場所は白鵬、鶴竜戦が
ないことが有利に働く。大関戦は先場所2勝
1敗であり、ここ1年間でも互角の戦いをして
いるだけに期待は大きい。
180720十三日目幕内 1112
<H30念7月 御嶽海、豪栄道に快勝>

ぴりっとしない相撲がありながら、しぶとく
星を残し、いつの間にか勝ち越しているのが
逸ノ城である。上位で6場所連続勝ち越し中
である。横綱戦は4勝7敗と善戦。3勝は
稀勢の里からである。稀勢の里の出場は心理
的にいいほうに働くかもしれない。大関戦は
先場所全敗したが、それでもここ1年間は
5勝6敗と接戦である。十一月場所勝ち越せ
ば今年1年すべて勝ち越しになる。
180919十一日目幕内 1000
<H30年9月 逸ノ城、稀勢の里に圧勝>

若くて成長途上で危険な相手が貴景勝である。
横綱・大関は勝っても油断ができない存在で
ある。当たって一気の出足、あるいはゆさ
ぶりで気が抜けない。横綱・大関は貴景勝戦
を白星で通過するか否かで優勝争いに直結し
そうである。
180911三日目幕内 764
<H30年9月 貴景勝、栃ノ心から1勝>

玉鷲の突き押しは型にはまると威力を発揮
する。先場所はこれで稀勢の里が敗れた。
番付を下げたとはいえ、気を抜けない対戦
相手であることに変わりはない。正代は極端
である。横綱戦は手も合いも出ず、大関とは
互角に戦っている。特に栃ノ心は正代に連敗
中だけに十一月場所はリベンジしておきたい
ところである。
180916八日目幕内 811
<H30年9月玉鷲の突き押しが稀勢に炸裂>

久々の横綱・大関戦となるのが、妙義龍と
嘉風である。動きで勝負するタイプは少ない
だけにどんな相撲が展開されるか、楽しみで
ある。特に稀勢の里戦が見所である。横綱・
大関戦が初になるのが、錦木と竜電である。
結果はともかく豊山のように内容のある相撲
をみせていただきたい。

初日は近い。

詐欺のメール案内が届きました。
荷物の再配達案内は紙でポストしかありえ
ません。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

マーク2カ所をクリックして支援して
ください。

よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑  

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲
-,

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.