大相撲

H30年名古屋 横綱・大関に挑む10人のサムライ

2018年7月7日

七月場所が明日8日からスタートする。今場
所から栃ノ心が大関に加わる。横綱稀勢の里
はいつも通り休場となる。大関高安は土俵
に戻ってくる。2横綱3大関に上位力士が
挑むカタチになる。フルに挑む力士は、上位
に新たな休場者が出ない限り、4枚目魁聖
までである。東関脇逸ノ城から魁聖までの
ここ1年間の上位戦の成績が以下である。
なお、琴奨菊は元大関のプライドにより、
表からはずした。

サムライA

この1年間、横綱・大関とフルに対戦して
いるのは、御嶽海と玉鷲である。御嶽海は
5場所勝ち越している。関脇以下の最大の
実力者といっていい。横綱戦は3勝5敗だが、
大関戦は2勝7敗と苦戦している。御嶽海は
2ケタ勝って大関への足がかりをつかんで
おきたいところである。

170719十一日目幕内 525
<H29年7月優勝白鵬に土をつけた御嶽海>

玉鷲は34歳だが、相撲ははつらつとしている。
横綱戦は3勝7敗である。このなかには日馬
富士からの最後の不戦勝が含まれている。
あとの2勝は稀勢の里と鶴竜からである。
大関には7勝5敗と勝ち越している。横綱・
大関にとっては油断できない相手である。

180124十一日目幕内 1211
<H30年1月鶴竜に勝利した玉鷲>

先場所横綱白鵬を倒し、勝ち越したのが逸ノ
城である。逸ノ城が最近めきめき力をつけて
きた反面、抵抗なく負けるケースも目につい
た。横綱戦3勝5敗で稀勢の里に2勝して
いる。大関戦は3勝3敗と互角の戦いをして
いる。逸ノ城は2ケタ勝利して平成26年九月
場所新入幕以来の三賞を獲得するくらいの
活躍をしてもおかしくない。

貴景勝が横綱・大関と対戦する位置に戻って
きた。期待される逸材である。この1年間で
横綱戦4勝している、日馬富士と稀勢の里
から2勝ずつだが、引退と休場で惜しくも?
対戦はない。鶴竜、白鵬から勝利を奪えるか。
三役復帰なるか。

180114初日幕内 817
<H30年1月 稀勢の里に辛勝した貴景勝>

先場所白鵬を倒して意気があがるのが、阿炎
である。人気は急上昇中である。2度目の
横綱・大関戦になるが、負けてもいいから
阿炎らしさを発揮して土俵をわかせていた
だきたい。

180518六日目幕内 989
<H30年5月 白鵬を押し出した阿炎>

暑い中、横綱・大関と10人のサムライの熱い
戦いが、始まろうとしている。

大雨が降り続き心配です。

興味深いテーマをこれからもお届けします。
マーク2カ所をクリックして支援して
ください。

よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑ 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲
-

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.