大相撲

白鵬優勝の可能性を探る

2018年7月5日

白鵬が稀勢の里と稽古したり、胸を貸したり
と話題を呼んでいる。その白鵬は今年に入っ
て相撲人生初の連続休場をした。昨年は2回
休場しながら、3回優勝したが、今年はまだ
ない。五月場所は終盤失速して、優勝争い
から脱落した。白鵬はもはや昔の白鵬でない
のは、誰の目にも明らかである。七月場所、
白鵬の優勝はあるのか、可能性を探ってみた。
171126千秋楽パレード 026
<H29年11月 白鵬40回目の優勝 旗手蒼国来>

そもそも白鵬は横綱としてきわめて休場の
少ない横綱だった。新横綱から48場所連続
皆勤という記録をもつ。2位が北の湖の43場
所連続皆勤である。3位は大鵬の21場所で
ある。横綱初休場は平成27年の九月場所で
ある。それ以降は17場所中6場所休場して
いる。3場所に1回強は休場していることに
なる。優勝は5回ある。最近の優勝では行司
の軍配に異議を態度で表して土俵を下りなか
ったり、優勝インタビューで万歳を促したり
と物議をかわしたのは記憶に新しい。
180114初日幕内 888
<H30年1月 阿武咲にかろうじて勝った白鵬>

ただし、優勝していたときは技の制限はなか
った。それが大相撲史上初の張り差しとかち
あげを横審によって封印にされたのだから、
その影響は大きかった。今年の一月場所は
そのため何か立ち合いがしっくりいっていな
かった。五月場所はいくぶん修正してきたが、
いかんせん星が足りなかった。

優勝するためには、優勝を争う力士との直接
対決を制する必要がある。五月場所はこれ
まで分がよかった栃ノ心にも鶴竜にも負けた
ことが、優勝を逃す要因になった。
180524十二日目幕内 1428白
<H30年5月 栃ノ心に初の敗戦>

こうみてくると白鵬の優勝はこうした条件を
克服しない限り、あり得ない。ただ、幸い
にもまだ白鵬を脅かす存在は出現していない。
大鵬には北の富士・玉の海、北の湖には千代
の富士が脅かす存在だった。七月場所は優勝
するチャンスである。ここで存在価値を示し
ておきたいところである。

場所をとらない扇風機を購入。

興味深いテーマをこれからもお届けします。
マーク2カ所をクリックして支援して
ください。

よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑ 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲
-

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.