大相撲

新大関栃ノ心論

2018年5月30日

平成30年5月30日曇天の朝、春日野部屋には
30人以上の報道陣が早くから集まっていた。
そんななか栃ノ心の大関昇進が正式に決定
した。9時27分協会から使者が赴き、伝達式
が厳粛におこなわれた。
180530栃ノ心大関昇進 085
「謹んでお受けいたします。親方の教えを
守り、力士の手本となるよう稽古に精進いた
します。本日は誠にありがとうございました」
と口上を述べた。「親方の教え」が新しい。

春日野部屋からは昭和37年五月場所後の栃ノ
海、栃光が大関に昇進して以来だから約56年
ぶり、半世紀以上を経ての快挙となった。

180530栃ノ心大関昇進 112
これまでいい素質、いい逸材で明日のホープ
が大関に昇進したケースはあった。ところが、
栃ノ心は突如強くなったという極めて珍しい
ケースでの大関昇進であった。1年前今日の
栃ノ心を予見できた方がいただろうか。

また新入幕から10年たっての大関昇進、30歳
での昇進がクローズアップされているが、
年6場所制ではこれまた珍しいケースである。
霧島や琴光喜は30歳を超えての大関昇進だが、
さすがに新入幕から10年はかかっていない。
栃ノ心、苦節10年の栄光であった。
180530栃ノ心大関昇進 263
さて、栃ノ心はどんな大関になるのか。五月
場所は優勝かと思わせたが、一歩届かなかっ
た。この悔しさをバネにしてもう1度優勝
する。優勝を目指す。この姿勢が栃ノ心を
強くする。間違っても「2場所連続負け越さ
ない限り、降格しない」に絶対のってはいけ
ない。

そしてすべきことがもう一つある。それは
対戦成績がよくない白鵬(1勝25敗)、鶴
竜(2勝22敗)を打倒することである。「打倒
ルー・テーズ。わしを強くしたのはこの言葉
だ」と語ったのは力道山である。展開によっ
ては白鵬、鶴竜と優勝を争う一番で激突する
ことがある。ここ一番の勝利力、勝負力を
つける必要がある。
180530栃ノ心大関昇進 325
五月場所の優勝は鶴竜だった。だが、存在
価値を最も示したのは栃ノ心であった。相撲
人生最良の日はまだこれから先にある。

星取表を購入しました。

興味深いテーマをこれからもお届けします。
マーク2カ所をクリックして支援して
ください。

よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑ 


当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲
-

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.