大相撲

平成30年三月場所チケットネット事情

2018年2月17日

三月場所のチケットは発売当日数時間で売り
切れた。それから2週間が経過した。チケッ
トは今どんな状態か。公式では売り切れでも、
ネットではまだまだ見かけることができる。
そこでネットのチケット状況をみてみること
にした。

チケット専門サイト最大手は昨年12月中旬頃、
突然営業停止となった。その停止は今も続い
ている。「8月までは再開できない」「いや
もう再開はなさそうだ」と見方は様々である
が、どうなるかは定かでない。なにしろ最大
手のチケット専門サイトの影響力は絶大だっ
た。見る方の数からして数値は抜群に大きか
った。それだけに当然反響も多かった。だか
ら、大相撲のチケットもこのサイトでの売買
が多かった。
三月場所 案内
そうしたサイトがなくなっても、他のチケッ
ト専門サイトに流れている節はある。にわか
ダフ屋は拠点を移しているのか、全般的に
値段は高い。3800円の椅子席が8000円、すご
いのになると9000円がある。サイトによって
は買い手にサイト利用料を負担をする仕組み
だから、さらに負担は増える。また別のサイ
トは売り手にサイト利用料と送料を負担する
仕組みだから、売り手は必然的に込みの値段
を設定してくる。なお、このサイト利用料は
最大手のチケット専門サイトより高めの設定
だという。

最大手チケット専門サイトになくて、現在
あるチケット専門サイトにあるのは、個人の
情報を相手に知らせずに購入できる点である。
決められた中間地点あてに送り、そこが買い
手に送る仕組みである。買い手個人の情報は
守られるが、余分な費用は発生する。もちろ
ん、この仕組みを利用するか否かは、買い手
の自由である。

ただ、最大手のチケット専門サイトに比べる
とどうしても反響は及ばないところがある。
特に高い値段の設定ではなおさらである。
柳の下にどじょうはいないということか。

感動!羽生金、宇野銀、本当におめでとう
ございます。
興味深いテーマをこれからもお届けます。

マーク2カ所をクリックして支援してください。

よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑   

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲
-

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.