大相撲

接点 元隆の里

2017年7月18日

その男は観客席に座っていた。場所は、まだ
お客さんがまばらな福岡国際センターで
あった。男の担当は監察委員であった。彼は
稀勢の里の師匠であった。観客席に座って
いたため、その男=元元隆の里の鳴戸親方は
福岡では身近な存在であった。
隆の里
<元隆の里の鳴戸親方>

そんな親方の話を聞こうと、記者が周囲を
取り囲んでいる光景をよく見かけた。筆者が
近くのいす席で撮影していたカメラのことを
興味深く尋ねてきた。使用している望遠レン
ズで見るとどのように見えるのかのぞき、
弟子の若の里をパチリと撮影した。

筆者は部屋の幕下隆の山に特に注目している
ことを話した。特に佐田錦に仕掛けた掛け
投げは豪快そのものであった。親方に対し、
たまに観客から「現役時代はなんと言う名前
でしたか」と聞かれても「いやいや、そんな
有名ではありませんでしたから」と天下の
元横綱が答えていた。
080926十三日目幕下 255佐田錦対隆の山○
<隆の山の豪快な掛け投げ>

また、あるときはビデオデッキの再生・止め
る、を激しく動かし、故障してしまった話を
聞かされた。電気店に「どうしたらこんな
故障になるのですか」と聞かれたという。
親方が力士の取り口を熱心に研究しようと
した結果であった。

さらに横綱の土俵入り後、取組が始まるまで
の間、このとき何かできればいいんだけれど
と、気にとめていた。

平成22年十一月場所2日目は、弟子の稀勢の
里が白鵬の連勝を63でストップした歴史的な
日であった。記念すべき連続写真45枚ほどを
A4サイズにして場所中に親方に進呈した
ことも忘れられない。その写真は今でも稀勢
の里の手元にあるのだろうか。

名古屋は外は暑く、館内は観客が少ない
うちは寒い。

興味深いテーマをこれからもお届けます。
マーク2カ所をクリックして支援してください。

よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲
-

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.