大相撲

■夏11日目 稀勢の里と魁傑・横綱玉の海の比較

2017年5月24日

170513初日前日 093
<稀勢の里>

稀勢の里がとうとう休場した。これは最も

見たくない結末である。負けが込んで休場
するくらいなら、最初から休場したほうが
はるかにスッキリする。そうしなかったのは
明らかに判断の誤りである。途中休場した
ことは稀勢の里にとって、何も残らない。
再起への道筋も、次へのステップもすべては
いたずらに時をすごし、出遅れのスタートに
なってしまった。

途中休場したことで、横綱のフル出場負け
越しの恐れはなくなった。だが、途中休場は
事実上の負け越しである。けして休場が負け
よりましなものではない。横綱の責任を果た
せないという点においてはなんら変わらない。
魁傑
<魁傑の記事>

魁傑は「休場は試合放棄」と負けが込んでも
休まなかった。この言葉は当時相当のインパ
クトをもって受け止められた。これまで横綱・
大関は負けが込むと休場があたりまえであっ
た。この悪しき因習に誰もがすっきりしない
ものを感じていたのを魁傑が一掃した。

玉の海は虫垂炎を患っていた。玉の海は持ち
前の責任感から切らずに注射で散らしていた。
それが昭和46年夏の巡業、九月の本場所と
長期に渡っていた。
玉の海
<玉の海>

実は九月場所前、玉の海の四股名を名乗る
ことを許諾したNHK解説者の玉の海梅吉氏
は「症状がでているなら最初から休場した
ほうがいい。出場して負けが込んで休場では
いかにもみっともない」と休場を薦めていた。
これに対し横綱玉の海は「先代、私は不死身
なんでしょうかねえ。無様な相撲を取ったら、
遠慮なく批判してください」とポンと腹を
たたいたという。玉の海は苦闘のなかから
12勝3敗と横綱の責任をみごとにはたした。

11日目、白鵬は豪栄道を退け、日馬富士は
御嶽海に不覚をとった。稀勢の里が消えた
土俵は、寂しさだけが残った。
170524十一日目幕内 678
<白鵬、豪栄道に圧勝>
170524十一日目幕内 723
<全勝日馬富士、御嶽海に敗れる>

古い相撲仲間と久々に一緒に観戦しました。

興味深いテーマをこれからもお届けます。
マーク2カ所をクリックして支援してください。

よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑       

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲
-,

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.