大相撲

■夏10日目 相撲人生最大のピンチに陥った稀勢の里

2017年5月23日

琴奨菊は今場所立ち合いからのあたりを受け
止められ、あるいは受け流され、さらに、
はじき返されてきた。星があがらず苦戦相撲
が続いていた。その琴奨菊相手に稀勢の里は
立ち合いからあたられ、後退してあっけなく
土俵をわったのである。稀勢の里は勝てる
べき相手に勝てなくなってきた。

稀勢の里の中に何がおきているのか。気持ち
の中に張り詰めていたモノが切れたのか。
負傷をおして相撲を取り続けることに限界が
きて、心が折れているのか。そうとしか思え
ない昨日、今日の敗戦である。
170523十日目幕内 755
<琴奨菊に敗れ6勝4敗となった稀勢の里>

6勝4敗で今後の対戦相手は、関脇玉鷲、
大関豪栄道、照ノ富士、横綱白鵬、日馬富士
である。負け越しの恐れさえでてきた。横綱
が負け越すなんて論外である。歴史上負け
越した横綱はいる。途中休場だって事実上の
負け越しである。稀勢の里は相撲人生最大の
ピンチに陥っている。

優勝を左右する大一番。全勝白鵬対1敗高安
の対戦が結びでおこなわれた。高安を見ると
やる気満々が伝わってくる。一緒に国技館で
観戦していたKF氏が白鵬は変わるかもしれ
ないと予告した。まさかと内心思いつつ展開
は、ややあたっていた。
170523十日目幕内 803
<高安のパワーを封じた白鵬>

白鵬は張っていく分右に動き四つに組みとめ
た。高安のあたりや突き押しのパワーを封じ
た。高安は右下手ながら、ゆさぶり、圧力を
かけるも、白鵬は上手を取り、頭までつけ
始めた。磐石の体勢をつくると一気に走って
西土俵で勝負をつけた。白鵬完璧の相撲で
あった。1敗がいなくなり、全勝は白鵬と
日馬富士になった。
170523十日目幕内 846
<速攻白鵬、高安とともに土俵下へ>

<琴勇輝の珍記録>
昨日休場して不戦敗がついた琴勇輝が、今日
出場した。つまり■(不戦敗)のあと「や」
がつくことがなかったわけである。思い起こ
せば琴勇輝は、平成27年の三月場所でも同様
なことをしており、これが2度目であった。
千秋楽の不戦敗を別にすれば、幕内では不戦
敗の後「や」がつくことなく出場した最初は、
昭和26年夏場所の大内山である。幕内では
この3例だけである。

今場所は懸賞金の多さが目立ちます。

興味深いテーマをこれからもお届けます。
マーク2カ所をクリックして支援してください。

よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑       

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲
-,

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.