大相撲

四股名のルーツ【○鵬&○海(かい)】

2016年10月30日

始めにこのテーマは、対象を幕内力士に限定
していることをお断りしておく。

近年になって白鵬をはじめ、○鵬という四股
名が目立ってきた。この四股名の元祖はいう
までもなく大横綱大鵬である。師匠の二所
ノ関(元佐賀ノ花)が中国の古典に出てくる
ひと飛びで9万里飛翔する伝説の鳥から
名づけた。最初大鵬という四股名を聞いた
とき、耳慣れない音だと思った。ところが、
新入幕で11連勝したり、入幕した年に優勝
したりすると大鵬という四股名はたちまち
ポピュラーかつビッグになっていった。
大鵬!
<元祖鵬の字の大鵬>
 
ところが、不思議なことに大鵬に続いて、
○鵬という四股名は出てこなかった。大鵬の
現役時だけでなく、引退してもしばらく出て
こなかった。第2号は大鵬の弟子の嗣子鵬で
ある。大鵬の昭和35年一月場所の入幕から
19年半以上も経っていた。第3号はモンゴル
力士の1期生旭天鵬である。平成10年一月
場所入幕で大鵬入幕から38年経過していた。

このあたりから○鵬が目立ち始めた。(  )
は入幕。
海鵬(平成10年五月場所)
白鵬(平成16年五月場所)
露鵬(平成16年九月場所)
琉鵬(平成18年九月場所)
若ノ鵬(平成19年十一月場所)
千代白鵬(平成20年七月場所)
20120520千秋楽表彰 529
<白鵬&旭天鵬>
 
息の長い力士として定着させたのが旭天鵬
なら、さらにビッグにしたのが横綱白鵬で
あった。6場所時代最強の横綱として、大鵬
の優勝32回を破り、双葉山の69連勝にもっ
とも迫った63連勝を達成した。今後も○鵬は
使用され続けていく可能性は高い。
 
天鎧鵬(平成24年一月場所)
旭秀鵬(平成24年一月場所)
大喜鵬(平成25年五月場所)
大喜鵬は今山口に戻しているが、今度十両に
復帰する。幕に戻ればこの四股名が復活する
かもしれない。

次に○○海(かい)の四股名のルーツを調べ
てみた。○○海で語尾を「うみ」と読む例は
数多くあるが、これを「かい」という読みに
なるとさすがに数は極端に減ってくる。どの
くらいの例があるのか。実はなんとわずか
6例しかない。3例出せればあなたは相撲通
である。

元祖は明治23年春場所入幕の北海である。
青森県出身、高砂部屋。右四つからの腰
投げを得意とした。最高位は前頭筆頭で、
年2場所の時代に幕内を27場所務めた。
第2号は大正3年春場所入幕で、秋田県
出身の日本海である。幕内は1場所で、
しかも途中休場だった。最高位前頭16枚目
だった。
新海 
<タコ足新海のブロマイド>
 
第3号はタコ足の新海である。しつこい足癖
でならし、食い下がっての足技はけして
はずすことなく、相手にもたれこんだ。昭和
2年夏場所入幕で出羽海部屋出身。この後
出てくる力士は、ご存知の方が多いであろう。
元千代大海は元千代の富士亡き後、九重部屋
を継いだばかりである。
千代大海
黒海
旭南海
現在幕下にいる慶天海が幕に入れば、第7号
として貴重な仲間入りを果たすことになる。
07九州七日目幕内 067
 <大関時代の千代大海>

飲み物が暖かいものが多くなった。

興味深いテーマをこれからもお届けます。
マーク2カ所をクリックして支援してください。

よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑  
 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲
-

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.