大相撲

■名古屋3日目 未完すぎる大器逸ノ城

2015年7月14日

現在関脇以下で最強なのが逸ノ城である。この1年間
(2014年七月場所から2015年五月場所まで)といっても
5場所だが、44勝31敗○13で照ノ富士の56勝34敗○12を
超えている。しかもこの5場所、逸ノ城は常に横綱・大関
と対戦してきているのである。5場所中負け越しは1度で
ある。入幕して5場所ということは言葉をかえれば新人と
いうことである。新人が関脇以下で最強なのである。

150714三日目幕内 699
<魁聖-逸ノ城>

まだ場所は3日目だが、驚異の新人逸ノ城が力を発揮
できないでいる。3日目はなんとか魁聖相手に勝って
ようやく1勝をあげたが、本来のパワー、破壊力では
なかった。初日鶴竜戦、2日目碧山戦はまったくこらえる
ことがなく、あっさり負けた。覇気が感じられない、
元気がない。体調面で思わしくないところでもあるのだ
ろうか。

本来逸ノ城と横綱・大関戦は好取組になるはずである。
白鵬●●●●○
日馬富士…●●○○… 今場所は対戦なし
鶴竜○●●□…● 今場所は対戦済み 
稀勢の里○○●○●
照ノ富士…●○●●
豪栄道○●○●○
琴奨菊…●○○●

150714三日目幕内 713
<魁聖ー逸ノ城>

新入幕のとき巻き起こした逸ノ城旋風はどこへ行って
しまったのだろうか。朝青龍は琴光喜が優勝したのを
見て自分もできると思ったという。逸ノ城も照ノ富士に
刺激を受けてもおかしくない。逸ノ城は体をいかした
馬力相撲、特に立ち合い相手を圧倒する相撲がみたい。
丸太のような腕はさしただけで相手が浮き上がる取り口が
ほしい。今のまま終わっては寂しすぎる。

記事をお読みいただきありがとうございます
よければこちらをクリックいただけると幸いです。”土俵の目撃者”
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


相撲 ブログランキングへ 

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑  

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲
-,

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.