大相撲

★問題点を探る 横綱昇進規準を考察する1

2015年3月17日

●品格の横綱昇進基準の適用は事実上不可能
大関が1場所優勝すると次の場所は綱取りがかかると
話題になる。この根拠となっているのが、横綱昇進規準
である2場所連続優勝を原則とするによるものである。
だが、その一文の前に品格力量抜群である、と書かれて
いる。本来ならこの一項目で十分である。2場所連続
優勝は品格力量抜群ではない。

それでは力量抜群とはどれくらいの力量か。あまりにも
神がかり的なことを言うつもりはない。常に優勝争いを
し、最低でも12勝をあげられる力である。しかし、品格が
抜群であることはほとんど審議されない。というより
審議のしようがないというのが、本当のところだと思う。
20代、30代の者に聖人君子を求めるのは無理があるし、
実際求めてはいない。土俵態度に問題がなければよしと
していいのでは。

ところが年月を経ると実に様々なケースが発生してきた。
双羽黒。付け人の脱走で始まったトラブルはやがて立浪
親方との対立を生み、おかみさんへの乱暴に広がった。
そのため前代未聞の現役馘首になった。
1 100124千秋楽表彰 049
<朝青竜>
 
朝青龍。夏巡業を仮病で休んでモンゴルでサッカーを
やって2場所出場停止になった。これも前代未聞のことで
あった。これに留まらず、さらに暴行事件でかばいようが
なく事実上強制引退させられた。

それまではせいぜい北の湖が横綱になったとき元佐田の山
の出羽海が「北の湖は子供だなあ」となげいたくらい
だった。
1大鵬
<大鵬>
 
いや、もっとすごい過去があった。1965(昭和40)年、
大鵬・柏戸がロサンゼルス巡業で拳銃を持ち帰った事件
である。今なら、そうとう重い処分になったことは間違い
ない。元双葉山の時津風理事長が休ませないと厳命したが、
両横綱とも9勝6敗と散々な成績に終わった。場所後
大鵬・柏戸は拳銃は隅田川に捨てたと証言したが見つから
なかった。両横綱は罰金3万円の略式起訴処分となった。
なお、当時の公務員の初任給は2万1600円の時代である。
1柏戸
<柏戸>
 
こうした横綱が出てくるとは予想できなかったであろうし、
品格をはかる上で先のことは誰も読めない。したがって
品格が今後も横綱審議委員会で議論されることは難しさが
残る。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.