大相撲

横綱同士の対戦

2014年7月5日

五月場所は鶴竜が横綱に昇進して横綱同士の対戦が一気に
3番に増えた。2002(平成14)年十一月場所から2007
(平成19)年五月場所まで及び2010(平成22)年三月場所
から2012(平成24)年九月場所まで横綱同士の対戦が
なかっただけに七月場所は優勝争いをしている横綱同士の
対戦をみたい。

力士同士の対戦成績は幕内通算で扱われることが多い。
しかし、実力差がある時期も含まれるため、同じ地位なら
どう変るのか。そこで横綱同士の対戦成績を調べてみた。
対象は横綱が実質地位化となった常陸山以降である。
本割だけでなく優勝優勝決定戦を含めた結果が下記である。
勝率は1勝と10勝1敗は1勝が上となるが、難しさは10勝
1敗のため、順位は勝敗差を採用した。

順位 横綱   横綱対戦成績    勝敗差              備考
1  大鵬           40勝21敗       ○19     優勝決定戦2勝1敗を含む 1不戦敗有
2  双葉山       15勝2敗         ○13       1不戦勝有
2   千代の富士 24勝11敗      ○13        優勝決定戦2勝を含む
4   羽黒山         19勝12敗      ○7         1不戦敗有
4   北の湖         38勝31敗      ○7        優勝決定戦1勝を含む 1不戦敗有
6   常ノ花         8勝2敗           ○6       1不戦勝有
6   東富士        16勝10敗       ○6       1不戦勝有
8   三重ノ海      8勝3敗         ○5
8   武蔵丸        10勝5敗       ○5
8   白鵬           14勝9敗       ○5         優勝決定戦2敗を含む 現役
11   初代若  乃花 11勝7敗      ○4         優勝決定戦1勝を含む
12   栃木山        3勝              ○3
12   隆の里         7勝4敗        ○3
14   大錦             2勝             ○2
14   吉葉山         10勝8敗   ○2
14   琴桜              5勝3敗       ○2      優勝決定戦1勝を含む
17   常陸山           2勝1敗5分  ○1
17   太刀山           1勝1分        ○1
17   北勝海            11勝10敗   ○1     優勝決定戦2敗を含む 不戦敗有
20   鏡里               16勝16敗   五分
20   貴乃花           16勝16敗   五分    優勝決定戦2勝1敗を含む
20   日馬富士        5勝5敗      五分 現役
23   2代目梅ヶ谷  1勝2敗4分   ●1
23  2代目西ノ海         1敗       ●1
23   3代目西ノ海          1敗       ●1
23   武蔵山            1勝2敗       ●1
23   照国              14勝15敗    ●1
23   千代の山       13勝14敗    ●1
23   北の富士       11勝12敗     ●1      優勝決定戦1敗を含む
23   旭富士            4勝5敗       ●1
23   3代目若乃花1勝2敗         ●1
32   玉錦                2勝4敗      ●2
32   柏戸                23勝25敗   ●2    優勝決定戦1勝1敗を含む
32   双羽黒            4勝6敗       ●2   優勝決定戦1敗を含む 
32   鶴竜                      2敗     ●2    現役
36   朝潮                2勝5敗     ●3 
36   朝青龍           5勝8敗       ●3     優勝決定戦2勝を含む
38   鳳                        4敗      ●4 
38   前田山                 4敗       ●4 
38   栃錦             12勝16敗     ●4    優勝決定戦1敗を含む
38   玉の海         7勝11敗       ●4     優勝決定戦1勝1敗を含む
38   曙                12勝16敗    ●4    優勝決定戦1勝を含む
43   宮城山            2勝8敗      ●6     1不戦敗有
43   安芸ノ海          1勝7敗     ●6
43   栃ノ海             4勝10敗   ●6
46   佐田の山      11勝18敗    ●7    優勝決定戦1敗を含む 不戦勝有
46   2代目若乃花18勝25敗     ●7
48   男女ノ川         2勝10敗    ●8
48   大乃国            9勝17敗   ●8     優勝決定戦1勝を含む 不戦勝有
50   輪島           21勝33敗  ●12  優勝決定戦1敗を含む

明治37年春場所から大正期は取組が東西制ということと
横綱数がさほど多くなく9人(東京横綱のみ)、短命の
横綱もいたため、横綱同士の対戦数が少ない。23年間
46場所中
14取組しかない。太刀山は2代目梅ヶ谷と同じ
方屋で対戦はなく、常陸山と1分、2代目西ノ海に1勝と
横綱戦はわずか2戦しかない。

大錦、栃木山、常ノ花は同じ出羽海部屋のため対戦は
なく、横綱戦は大錦2勝、栃木山3勝ときわめて少ない。
常ノ花は1927(昭和2)年の東西合併によって大阪横綱の
宮城山との対戦が生じた。8勝2敗と圧倒。宮城山の
実力は小結程度といわれたが、横綱なので格下げする
わけにいかなかった。
常の花)絵葉書
<常ノ花の絵葉書部分>

昭和以降は横綱の数の増加、系統別総当り、部屋別総当り
が実施されるとともに場所数の増加、特に1958(昭和
33)年の年6場所によって横綱同士の対戦数が増加した。
横綱同士の対戦好成績者は大鵬、双葉山、千代の富士、
羽黒山、北の湖と大横綱が名を連ねている。大横綱は横綱
同士の対戦でも強いといえる。

大鵬は柏戸・栃ノ海・佐田の山・北の富士・玉の海と
5人の横綱と対戦しているが、負け越した横綱はいない。
特に柏戸戦は19勝9敗(優勝優勝決定戦1勝を含む)と圧勝
している。
大鵬!
<大鵬>

双葉山は玉錦・武蔵山・男女ノ川・安芸ノ海・照国と5
人の横綱と対戦している。照国戦の2勝2敗以外は全勝。
特に男女ノ川戦は7勝全勝とワンサイドだった。
双葉山7!・
<双葉山のブロマイド>

千代の富士は北の湖・2代目若乃花・隆の里・双羽黒・
北勝海・大乃国・旭富士と7人の横綱と対戦している。
同じ九重部屋の北勝海とは優勝決定戦で対戦している。
隆の里戦の3勝3敗の五分以外は勝ち越し。大乃国戦が
一番よく8勝2敗の対戦成績を残している。

意外な対戦成績が吉葉山対栃錦戦である。吉葉山の
6勝で、栃錦は横綱になって1度も吉葉山に勝って
いないのである。ライバル若乃花とは4勝7敗(優勝
決定戦の1敗を含む)と勝ちにくくなってきている。
栃錦
<栃錦のブロマイド>

年6場所制で一番対戦数が少ないのが3代目若乃花で
ある。貴乃花と同部屋で対戦がなかったことと横綱として
短命だったこともあり、3戦しか対戦していない。曙戦
1勝1敗、武蔵丸戦1敗である。

意外な負け組みが朝青龍と輪島である。優勝回数は朝青龍が
25回(歴代4位)輪島が14回(歴代7位)と実績十分で
ある。朝青龍は横綱戦は白鵬のみでその成績が5勝8敗
(優勝決定戦の2勝を含む)である。輪島は最下位で
あるが、勝ち越したのは琴桜戦の2勝1敗のみで、北の
富士戦(2敗)、北の湖戦(14勝19敗=優勝決定戦1敗を
含む)、2代目若乃花戦(5勝8敗)、三重ノ海戦(0勝
3敗)を負け越している。

例外はあるが、強い横綱は横綱同士の一番にも強いと
いえる。

ご愛読まことにありがとうございます
よろしければ下部2カ所をクリックして応援してください。
”土俵の目撃者”
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 


相撲 ブログランキングへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲
-

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.