大相撲

■24夏7日目 看板倒れも甚だしい

7日目から霧島と若元春が休場した。幕内はこれで
7人が休場中である。1横綱4大関でスタートした
が、たちまち2大関に減少した。関脇小結は半数に
なった。これでは看板倒れも甚だしい。大相撲は底
の浅いものになってしまった。

そんななかわずかの希望となっている力士が1敗の
大の里である。ここまで照ノ富士、霧島、琴櫻を倒
してきた。今日の対戦相手は明日のホープ熱海富士
である。

<大の里、熱海富士を破って1敗死守>

熱海富士が左四つで下から寄っていく。大の里、ま
わり込みながら下手出し投げでバランスをくずしな
がら決めた。熱海富士はいい攻めをみせたが、大の
里の牙城をくずせなかった。

初日から6連勝の宇良が琴櫻と対戦した。上位に休
場者多数で横綱・大関との対戦圏内に変更が生じた。
琴櫻は2敗でこれ以上負けられないところまできて
いる。

<琴櫻、宇良に辛抱勝ち>

相撲は、宇良が下から入って頭をつける体勢をつく
った。下から攻めるも琴櫻落ち着いてこらえる。宇
良が引きに出るも琴櫻つけ入って西土俵で押し倒し
た。琴櫻の辛抱勝ちとなった。

豊昇龍はどうも大事なところで踏ん張れない傾向が
ある。対戦相手は同期の王鵬である。終始圧力をか
け揺さぶったのは王鵬であった。豊昇龍は防戦一方
で最後はに引き落とされた。豊昇龍は勝負弱いから負
ける。これを脱しない限り優勝はない。

<王鵬に敗れ3敗となった豊昇龍>

大関同士は1番しかない。千秋楽の対戦が有力だが
優勝に無縁の一番になる恐れがある。

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.