大相撲

番付は1年でどう変わる

昨年の七月場所を覚えているだろうか。コロナ部屋
ごと休場が続出し、場所の行く末が心配であった。
取組が減少するなかで不戦勝が続出した。新入幕の
錦富士は3不戦勝であった。幕下では最初の取組か
らから塩がはいった。14日目、千秋楽、取組開始は
午後だった。

その七月場所から1年経過した。1年後、番付はど
うのように変化したか。その様子をみていこう。

1年経過した間に引退力士は5人出ている。隠岐の
海、千代大龍、豊山、栃ノ心である。千代大龍、豊
山は意外な引退であった。それに1年前優勝した逸
ノ城である。逸ノ城はもっと唐突であった。

<1年前優勝逸ノ城引退>

大関は御嶽海、正代がその座を明け渡した。実力低
下が著しかった。貴景勝の一人大関となった。

昨年の七月場所、前頭筆頭だった霧馬山が大関に昇
進した。霧島の改名は余計だった。霧馬山でなじん
で来ただけに残念だった。七月場所後豊昇龍の大関
昇進が決定した。

<霧島>

十両落ちした力士が志摩ノ海、一山本、大奄美、千
代丸である。志摩ノ海は幕下落ちの危険性があった。
照強は幕下まで番付を下げた。幕下に落ちた時はす
ぐもどらなければ定住してしまう恐れがある。

新入幕を果たした力士が平戸海、北青鵬、金峰山、
武将山、豪ノ山、湘南乃海、伯桜鵬の7人である。
伯桜鵬はまだザンバラといえない状態のスピード出
世である。幕内にカムバックした力士が竜電、朝乃
山らである。朝乃山は大変な人気である。

<七月場所 2敗北勝富士に辛勝した伯桜鵬>

2022年七月場所番付と2023年七月場所番付だけで
まとめると以下になる。
引退 5
十両落ち4 
幕下落ち1
新入幕 7
幕内復帰3

大関は激動の1年で2人大関落ち、2人大関が誕生
した。1年でもけっこう番付は動くものである。

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.