大相撲

横綱昇進!その成績

一月場所、貴景勝が優勝したことで、早くも三月場
所は横綱をかける場所という声があがっている。そ
れは2場所連続優勝が横綱昇進基準として浸透して
いるからである。しかし、この基準には危うさが潜
んでいる。
1.年6場所時代にわずか2場所だけという短期間
2.優勝といっても15戦全勝優勝と12勝3敗は同一視
できない
3.一時の勢いだけで決めてしまう

<一月場所の優勝者貴景勝>

横綱は数字よりもどこからいっても万全、十分横綱
が務まる。となって初めて昇進できるものである。
そこまでいかないうちになったため横綱不十分の横
綱がずいぶん誕生した。

横綱審議委員誕生後、横綱の代でいえば千代の山以
降の横綱昇進をみていこう。年6場所時代は5場所
くらいをみたほうがいい、といったのはNHK解説者
だった玉の海梅吉氏である。横綱昇進直前5場所の
成績は以下となった。

千代の山は昇進2場所前8勝7敗である。現代なら
考えられない。思いあたるのは千代の山は新大関か
ら13勝、12勝で2場所連続優勝した実績があったこ
とである。なお、千代の山のころは年3場所である。

<千代の山のブロマイド>

鏡里は5場所で60勝だから合格のように見える。実
は、横綱直前の優勝が初優勝だった。つまり優勝経
験1回で横綱になってしまった。なお、鏡里は年3
場所から4場所の成績である。

<鏡里のブロマイド>

ほかには初優勝だけで横綱になった力士はいる。吉
葉山、柏戸、2代目若乃花、三重ノ海、大乃国、鶴
竜、稀勢の里と意外に多い。もっとも双羽黒は優勝
なしで横綱になってしまった。

初代若乃花の時は紛糾してなかなか決まらなかった。
初代若乃花は大関時代から横綱にひけをとらず強か
った。ただ連続優勝でないため、横綱審議委員がつ
くった2場所連続優勝の原則を自らくずすのかと舟
橋聖一氏ががんとして受付なかった。結局若乃花は
横綱に昇進した。責任感の強い若乃花はいままで以
上に稽古した。

<若乃花のブロマイド>

横綱昇進直前5場所の最高成績は貴乃花である。貴
乃花の横綱は時間の問題といわれるほどだった。と
ころが連続優勝絶対の時代であったため、なかなか
なれなかった。最後は連続全勝優勝で決めた。

<貴乃花>

優勝なしの双羽黒を横綱にした反動からか、旭富士
から日馬富士まで2場所連続優勝しなければ横綱に
なれなかった。割をくったのは旭富士と貴乃花であ
った。3代目若乃花は2場所連続優勝で横綱に昇進
したが、横綱優勝はついになかった。

貴景勝はどのような結果をもたらすのか。一月場所
は12勝優勝だった。微妙ななかで三月場所迎えるこ
とになる。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.