大相撲

■23初 9日目 波乱ではなく上位は紙一重の実力差

優勝を争うと見られた2敗豊昇龍と同じく2敗の大
栄翔がそろって敗れた。

2敗豊昇龍は若元春と対戦した。立ち合いから激し
く攻め合い。若元春は左を差して出るところを豊昇
龍が強引な小手投げにいってつぶされた。明らかに
豊昇龍が先に落ちた。

<豊昇龍、強引な相撲で若元春に敗れる>

豊昇龍は今場所大栄翔、翠富士についで3敗目であ
る。要するに豊昇龍は図抜けた存在ではなく、上位
の中では紙一重ということである。はからずもその
ことを証明した9日目であった。違う点は23歳とい
う若さである。

豊昇龍はまず、優勝よりも2ケタ勝つことである。
6勝3敗の現状では今後5勝1敗、最低でも4勝2
敗が必要になってくる。簡単な話ではない。ただ、
連続2ケタ勝つと多少ほかの幕内上位力士と違って
くる。

大栄翔も琴ノ若を攻めきれず、突き落としから体勢
を悪くして押し出された。大栄翔は初優勝のときの
勢いがある、という声があったが、あの頃とは違う。
連敗するということはつけいるスキがあるというこ
とである。

<大栄翔、琴ノ若に敗れ3敗>

幕内下位の琴勝峰も平戸海に敗れ2敗となった。幕
内中位2敗阿武咲との対戦はいまだにない。

その中で1敗貴景勝が2勝佐田の海を問題にしなか
った。調子があがらない佐田の海では勝って当然で
ある。10日目は明生である。後は若隆景、豊昇龍、
正代、霧馬山、琴ノ若が予想される。上位では貴景
勝が優勢のように映るが、翠富士・錦富士との苦戦
もあるだけに先のことは予測し難い。

<貴景勝、不調佐田の海に完勝>

9日目は波乱の日というより、絶対強者不在の時代
を浮き彫りにしたに過ぎない。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.