大相撲

2022年大相撲10大ニュース 6位・5位

■6位 七月場所コロナ部屋ごと休場が多発

七月場所はコロナの嵐となった。初日からの田子ノ
浦部屋、途中からの出羽海・鳴戸・放駒・武蔵川・
佐渡ヶ嶽・玉ノ井・浅香山・片男波・伊勢ノ海・芝
田山・追手風・八角部屋と部屋ごと休場が多発した。
幕内で16人、十両で6人が休場に追い込まれた。ほ
かにコロナ以外で石浦が休場した。

<不戦勝のお知らせ>

八角部屋は千秋楽途中で発覚したため幕下は出場、
隠岐の海・北勝富士が不戦敗となった。八角理事長
も協会挨拶に立ちながら表彰式は欠席。陸奥事業部
長が賜杯を渡した。幕下以下も多数の休場者が出て
14日目、千秋楽は午後取組開始となった。幕下の最
初の取組から塩が入ったことがあった。

ここまで休場者が多発すると興行的にどうしても無
理がでてくるのは否めない。さすがに不戦勝のオン
パレードは観戦しているほうも白けてくる。観客も
途中から飲食禁止に変わった。

<御嶽海、カド番場所は延期に>

番付は勝ち越し、負け越しが決まっていない力士は
現状のままとなった。カド番御嶽海は途中まで負け
が多かったが、白紙になった。

T氏が1位に、A氏が9位にあげている。

■5位 高安三度優勝ならず

高安最初の優勝ならずが三月場所であった。千秋楽
を迎え、優勝争いは2敗若隆景・高安、3敗琴ノ若
という思いもよらぬ面々となった

まず、琴ノ若が7勝7敗の新小結豊昇龍戦に負け、
圏外となった。それだけで終わらなかった。高安は
新関脇で7勝7敗阿炎と対戦した。阿炎のすさまじ
い突きの威力に高安は後退し、まわり込んだが足
を出したあと体勢をくずしていった。

<高安、阿炎に完敗>

若隆景が勝って初優勝か。そうはいかなかった。勝
ち越しを決めている大関正代が気迫の相撲で前へ出
て若隆景を圧倒してしまった。

3敗若隆景と高安の優勝決定戦となった。この一戦
にかける高安の迫力は大変なモノであった。若隆景
も全身全霊でむかえうった。高安はここぞとばかり
に圧力をかけるが、若隆景が土俵際上手出し投げで
かわした。若隆景の初優勝となり、高安は優勝を逃
した。

<高安、優勝決定戦で一歩及ばず>

高安が優勝を逃した2回目は九月場所であった。詳
細は大相撲10大ニュース7位玉鷲最年長で2回目の
優勝を参照していただきたい。3回目は十一月場所
の優勝決定巴戦である。こちらは大相撲10大ニュー
ス9位十一月場所で28年ぶり巴戦を参照願いたい。

A氏が1位に、HR氏が4位に、S氏が7位にあげ
ている。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.