大相撲

2022年大相撲10大ニュース 4位・3位

■4位 朝乃山の土俵復帰

七月場所2日目、朝乃山が土俵に復帰した。朝乃山
が土俵から姿を見せなくなったのは、2021年五月場
所の12日目からである。実に1年以上かかって三段
目からの復帰であった。

<三段目の朝乃山>

朝乃山が出場停止になった理由は以下である。
・コロナ禍での外出禁止期間に何度もキャバクラに
通ったこと
・虚偽報告及び口裏合わせがあったこと
・大関としての自覚がないと判断されたこと
そのため、異例の6場所出場停止となった。

朝乃山が花道に姿を見せたとき、館内は拍手とざわ
めきに包まれた。朝乃山が呼び出しに呼ばれ、土俵
に上がった。対戦相手は剛士丸。相撲は朝乃山が寄
って向こう正面に寄り切った。取組はその日の再生
ランキング1位になった。期待の大きさを表してい
た。三段目は7戦全勝で優勝した。

<七月場所3日目の朝乃山>

九月場所は幕下15枚目に番付をあげた。全勝すれば
関取復帰である。しかし、朝乃山はここで躓いて6
勝1敗で十両昇進はならなかった。十一月場所幕下
4枚目で再挑戦となった。結果は再び6勝1敗で十
両復帰が決定した。ただ、幕下優勝をせずに上がっ
てきたことに物足りなさを感じる方もいた。

KW氏が3位に、HR氏が5位に、A氏が7位に、
S氏が9位に、T氏が10位にあげている。

■3位 伊之助の中途半端なまわし待ったで大騒動

七月場所8日目、結びの一番で相撲史に残るハプニ
ングが起こった。横綱照ノ富士に挑むのは上位戦初
の若元春。相撲は、若元春が左四つ、照ノ富士に上
手を与えない絶好の体勢をつくった。この体勢から
の攻防となったが、照ノ富士無理攻めはしない。若
元春も攻め込むが、照ノ富士がしのぐ。こうした展
開で長い相撲になった。

そうしたなか、若元春のまわしの結び目がほどけた。
ここで伊之助はまわし待ったをした。それを見て照
ノ富士は力を抜いた。そこを若元春が東土俵に寄り
切ってしまった。物言いがついて大変長い協議が続
いた。その結果まわし待ったの状態から再開となっ
た。両者の体勢の再現にビデオ室からの連絡を受け
ながら佐渡ヶ嶽(元琴ノ若)審判長が指示する。だ
が、なかなかしっくりいかない。

<まわし待った直後>
<力を抜いた照ノ富士を寄り切る若元春>
<再開の体勢確認に時間がかかる>

ようやく再開となった。勝負は長引くと思ったが、
出る若元春を照ノ富士は左下手一本で投げ、ようや
く勝負は決着した。観客はめったに見られない展開
に大いにわき、思わぬ珍事にご満悦の様相となった。

S氏・T氏が2位に、KW氏が5位にあげている。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.